Apple Watch Series 6は画期的なウェルネスとフィットネス機能を提供

Apple Watch Series 6は画期的なウェルネスとフィットネス機能を提供

Appleは本日、Apple Watch Series 6を発表し、ユーザーの健康状態をより深く知ることができる画期的な血中酸素濃度機能を導入しました

Apple Watch Series 6では、より高速なS6システム・イン・パッケージ(SiP)や次世代の常時点灯高度計など、注目すべきハードウェアの多くの改良が施されています

Apple Watch Series 6 00002 z

watchOS 7では、ファミリー共有、睡眠追跡機能、自動手洗い検出、新しいワークアウト・タイプ、文字盤のキュレーションと共有が可能になり、ユーザーがよりアクティブに、よりつながりを持ち、新しい方法で健康管理ができるようになりました

Appleの最高執行責任者であるJeff Williams氏は声明で次のように述べています

Apple Watch Series 6は、腕時計ができることを完全に再定義します、Apple Watchは血中酸素濃度センサやアプリなどの強力な新機能によって、総合的な健康状態をより深く理解するために不可欠なものとなりました

スポンサーリンク

血液酸素濃度センサーとアプリ

Apple Watch Series 6は、ユーザーの血液の酸素飽和度を便利に測定できる新機能を搭載し、これまでのApple Watchモデルの健康機能を拡張したもので、ユーザーは自分の総合的なフィットネスと健康状態をよりよく理解することができます

Apple Watch Series 6 00004 z

酸素飽和度(SpO2)とは、赤血球が肺から全身に運ばれた酸素の割合を表し、この酸素を含んだ血液が全身にどれだけ行き渡っているかを示します

肌の自然な変化を補正して精度を高めるために、血液酸素センサーは、Apple Watchの背面クリスタルに搭載された4つのフォトダイオードとともに、緑、赤、赤外の4つのクラスターLEDを採用し、血液から反射した光を測定しています

Apple Watchはその後、血中酸素濃度アプリに組み込まれた高度なカスタムアルゴリズムを使用して、70パーセントから100パーセントの間で血液中の酸素を測定します

オンデマンドの測定はユーザーが静止している間に行うことができ、バックグラウンドでの定期的な測定は、睡眠中を含む活動的でないときに行われます

すべてのデータはヘルスケアアプリに表示され、ユーザーは時間の経過とともにトレンドを追跡して、自分の血中酸素濃度がどのように変化するかを確認することができるようになります

家族全員のためのファミリー共有設定

watchOS 7のファミリー共有は、iPhoneを持っていない子供や家族の高齢者がApple Watchの接続性、安全性、フィットネス機能を利用できるようにすることで、Apple Watchを家族全員に拡大します

子どもたちは、コミュニケーションとパーソナライズ機能を活用し、いつでも緊急SOSにアクセスし、自分だけに最適化されたアクティビティリングの体験を楽しむことができます

また、Schooltimeと呼ばれる新しいモードを利用することで、集中力と注意力を維持しながら、自宅や教室で学習することができます

また、転倒検出や緊急SOS、ほかにもさまざまな機能が使えるので、シニアの家族にも利用が拡大できます

Apple Watch Series 6は、42,800円からとなっており、現在オーダーが可能となっています

また、watchOS 7正式版は明日リリースと発表されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)