Apple Watch Series 6、血中酸素濃度の追跡、パフォーマンスの改善、WiFiの高速化などの噂

Apple Watch Series 6、血中酸素濃度の追跡、パフォーマンスの改善、WiFiの高速化などの噂

Apple Watch Series 6モデルで最も注目すべき新機能は、Apple Watchが血液中の酸素濃度を検出して監視できるようになる血中酸素モニタリングです

通常の血中酸素濃度は95~100%で、血中酸素濃度が低下すると、すぐに治療を必要とする健康上の問題を示唆することができます

iOS 14のコードによると、血液中の酸素濃度が健康的な閾値を下回るとAppleが通知し、Apple Watchのオーナーは、呼吸器や心臓の問題に影響を受けたときに迅速な支援を受けられるようにします

血中酸素モニタリングは、ウイルスが酸素レベルを低下させる可能性があり、酸素摂取量の減少を経験している人々は緊急援助を必要とするため、進行中のパンデミックの中で有用な機能となります

Apple Watch Series 6には、パフォーマンス向上のための新しいシステムオンチップ(SoC)など、いくつかの新しいハードウェアが搭載されると予想されています、防水性の向上や、WiFiやセルラーの通信速度を高速化するためのワイヤレス通信の改善などがあるかもしれません

スポンサーリンク


Apple Watch Series 6のバッテリー容量は303.8 mAhと言われており、Series 5モデルの296 mAhバッテリーからそれほどかけ離れていないので、ソフトウェアの改善以外にバッテリー寿命の大幅な向上は期待されません

Apple Watch Series 6でパニック発作や高レベルのストレスを検出し、人々を落ち着かせるための呼吸法を提供することができるようになるメンタルヘルス機能については、いくつかの不明瞭な噂があります

もしこの機能が存在するとすれば、心拍数のデータに頼るか、呼吸数だけでなく血中酸素濃度も考慮してストレスレベルを判断することになるかもしれません

Apple Watchの新モデルはこれまでも常にiPhoneと並んでリリースされてきたが、iPhoneの発売が遅れていることを考えると2020年の発売日ははっきりしていません

Jon Prosser氏は、Apple Watchを来週プレスリリースで発表すると信じている

Macお宝鑑定団は、中国サプライヤーの情報として、10月後半に開催する予定のiPhone 12シリーズ、Apple Watch Series 6およびAirTagのオンラインイベントを行うとしています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)