Apple WWDC 2020を前に、watchOS 7の最新の噂の新機能のすべて

Apple WWDC 2020を前に、watchOS 7の最新の噂の新機能のすべて

後2週間足らずでWWDC 2020が開催されます

今年のWWDCは完全に仮想とオンラインで開催されます

iOS 14の初期ビルドにアクセスすることができ、それを通してwatchOS 7でApple Watchに搭載される多くにアクセスされ新機能が期待されています

Appleがこれらの機能の一部を変更したり、スクラップしたりする可能性はありますが、現時点で解っている機能です

新しい文字盤

いつものように、watchOS 7にはApple Watch用の新しい文字盤のコレクションが含まれていると予想されています、おそらく最も注目すべきは、Appleはタキメーターを内蔵した新しいInfograph Pro文字盤を計画しているようです

これは、アナログ時計の特徴をデジタルのApple Watchに持ち込むというAppleのトレンドを継続しています

Rumor watchOS 7 0615 00002 z

時計に搭載されている一般的なタキメーターの目盛りは、あるイベントが発生するまでにかかる秒数と、そのイベントが1時間に何回発生するかを換算しています

Apple Watchでは、iPhoneやApple Watchの「写真」アプリの画像を使って、パーソナライズされたデジタル文字盤を作成することができます、また、親や祖父母の文字盤の写真を管理するための共有アルバムを作成することもできます

watchOS 7に搭載される新しい文字盤の中には、インターナショナルと呼ばれる新しいデジタル文字盤が含まれていると予想されています

Rumor watchOS 7 0615 00003 z

国旗のデザインは、写真の文字盤と同様に、文字盤全体を占めることになります、さらに、watchOS 7は、ユーザーが他の人と特定の文字盤の構成を共有することができるようにする新機能が含まれている可能性が高いです

これは、iOSのApple Watchコンパニオンアプリから通常の共有シートを介して行われます

つまり、高度にカスタマイズされた文字盤を持っている場合、iOS 14とwatchOS 7を通じて、他のユーザーと簡単に共有できるようになるということです

スポンサーリンク

キッズモード

watchOS 7とiOS 14には、子供が使用するApple Watchを親が管理しやすくするために設計された新機能「キッズモード」も搭載されると予想されています

キッズモードの目玉は、親のiPhoneを使って子供用のApple Watchを設定して管理できる機能になります

現在、1台のiPhoneで複数のApple Watchをアクティベートしてペアリングすることができますが、一度に使用できるのは1つの腕時計のみで、それぞれの腕時計はiPhoneと同じiCloudアカウントに紐付けられています

iOS 14とwatchOS 7のこのモデルでは、親が1台のiPhoneを使って自分の子供だけでなく、自分の子供のApple Watchをアクティベートして管理することができます

Rumor watchOS 7 0615 00004 z

キッズモードはアクティビティリングにいくつかの変更を加えます

現在、Apple Watchのアクティビティリングは3つの指標で構成されています

  • 赤色は、早歩きやランニングなどの激しい運動で消費されたカロリー数
  • 緑色は、今日の運動時間の分数
  • 青色は、スタンドまたは車椅子の移動に伴う異なる時間数

しかし、Apple Watchをキッズモードで使用すると、Appleはカロリーへのフォーカスを外し、代わりにムーブリングをカロリーではなくムーブ時間にフォーカスしたものにします

スポンサーリンク

血中酸素検出

watchOS 7には少なくとも2つの新しいヘルス機能が含まれていますが、この2つの機能にApple Watchハードウェアの追加が必要かどうかは不明です

まず、Appleは初めて血中酸素濃度を検出するApple Watchの新機能を開発しています

血中酸素濃度が95~100%の間は健康とされており、80%を下回ると心臓や脳の機能が低下する可能性があるとされています

Rumor watchOS 7 0615 00005 z

Apple Watchを使えば、血液中の酸素濃度をモニターできるだけでなく、バイタル測定値が一定のレベルを下回るとプッシュ通知を受け取ることができるようになります

ここで覚えておくべき重要なことは、これらの新しい健康機能がApple Watchの新しいハードウェアを必要とするのか、それともソフトウェアを介して有効にすることができるのかはわからないということです

歴史的に見て、これらの機能はハードウェアに縛られる可能性が高いと言われており、もしそうなら、AppleがWWDCで発表するのではなく、この秋になると予想されます

睡眠追跡

Rumor watchOS 7 0615 00006 z
Apple Watchにネイティブの睡眠追跡機能が追加されるのは今年になるかも?

Apple Watchの睡眠追跡の証拠は数年前からwatchOSにありましたが、Appleが今年中に正式にこの機能を発表するとの報道がありました

さらに、アラームはApple Watchの睡眠追跡と完全に統合されます、睡眠アプリは、ユーザーが寝る前にApple Watchを充電することを忘れないようにするのにも役立ちます

他の健康機能と同様に、Apple Watchの睡眠追跡が既存のApple Watchハードウェアと互換性があるのか、それともApple Watch Series 6に限定されるのかは不明です

スポンサーリンク

CarKey

iOS 14の主な新機能の1つとして、iPhoneやApple Watchを使って車のロック解除やコントロールができるようになる「CarKey」が登場すると予想されています

CarKeyが物理的な車のキーやキーフォブの代わりにiPhoneを使って車のロック、ロック解除、発進に機能すると予想されています

Rumor watchOS 7 0615 00007 z

CarKeyはwatchOS 7と統合して、ユーザーが手首からも車のロックを解除してコントロールできるようになると予想されています、ここでの正確な機能と、新しいハードウェアが必要になるかどうかは不明です

まとめとして

Appleは今年のwatchOS 7とApple Watchのアップデートでかなりの数の新機能を予定しており、まだリークされていない追加の機能が搭載される可能性が高いようです

例年通り、Appleは今年も新しいウォッチフェイスだけでなく、主に健康とフィットネス機能に焦点を当てていくようです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)