現在わかっている、Apple Watch Series 6およびwatchOS 7の最新の噂

現在わかっている、Apple Watch Series 6およびwatchOS 7の最新の噂

Apple Watch Series 6

デザイン

Apple Watch Series 6は、Apple Watch Series 5に似た外観になる可能性が高く、レポートによると、Series 4とSeries 5と同じ一般的なフォームファクタに従うことになると報告されています

そうは言っても、AppleがApple Watch Series6に新しい仕上げ、色、ケースのオプションを提供することは間違い

今年の予定はまだわかりませんが、既存のケース素材の新色や新素材などの可能性があります、もちろん、Appleは新しいバンドのオプションや色も用意するでしょう

Apple Watch S 6 Expectation 00001 z

スポンサーリンク

ヘルス機能

今年のApple Watchアップデートの目玉の一つは、血中酸素レベルの検出機能です、iOS14で発見されたコードによると、Apple Watchには今年中に追加する予定であることが示唆されています

どのように機能するのか?

  •  血中酸素濃度が95%から100%の間は健康とみなされており、80%以下の血中酸素濃度は心臓や脳の機能低下につながる可能性があるとされています
  •  低血中酸素飽和度が続くと、呼吸器や心停止のリスクが生じることが一般的です
  •  この機能は、既存のwatchOSの心拍数通知機能と似たような働きをし、Apple Watchが血中酸素濃度が一定のしきい値以下になったことを検知すると、ユーザーへ通知が送信されます

血中酸素濃度の検出をベースに、AppleはApple Watch Series 6でも心電図(ECG)機能の改良を進めています

Apple Watch Series 4と5では、現在のところ、心拍数が100~120回/分の間で、ECGの測定値は確定的ではありませんが、Apple Watch Series 6では、測定値を確定できるようにします

今後のアップデートでは、ソフトウェアまたはハードウェアのいずれかで、ECGアプリのアップグレード版でその制限が取り除かれる予定です

現時点では、これらの新しいヘルス機能がApple Watch Series6に限定されるのか、それともwatchOS7がApple Watch Series 4/5にも対応するのかは不明です

睡眠追跡

Apple Watch S 6 Expectation 00002 z

睡眠追跡機能は何年も前からApple Watchのウィッシュリストのトップにあり、2020年にはついにユーザーにこの機能が提供されるようです

眠っている間、Apple Watchはユーザーの動き、心拍数、騒音を含む複数のセンサーと入力を使って睡眠の質を追跡します

ユーザーの睡眠の質に関するデータは、 「Health」 アプリと 「Apple Watch」 向けの新しい 「Sleep」 アプリで提供される予定です

最大の問題は、Apple Watchのスリープトラッキングにおけるバッテリ持続時間の問題にAppleがどう取り組むかですが、情報筋によると、Appleは、ユーザーが夜を過ごすために事前にApple Watchに充電するよう促す機能を開発したと言われます

Bloombergによると、ス睡眠追跡は新しいソフトウェアではなく、新しいハードウェアに関連すると報じています、つまり、既存のApple Watchユーザーがネイティブの睡眠追跡機能を利用するには、Apple Watch Series 6へのアップグレードが必要になる可能性が高いとのことです

スポンサーリンク

watchOS7のその他の機能

タキメーターを備えた新しいInfograph Proの文字盤が含まれ、タキメーターは、移動時間に基づいて速度と距離を測定するために使用される、文字盤の周りに配置されたアナログウォッチスケールです
国旗をあしらった新しい「インターナショナル」Apple Watchのフェイスの登場
親子向けの新機能も多数搭載されます、例えば「SchoolTime」と呼ばれる新機能では、親が授業時間など特定の時間 に使用できるアプリやコンプリケーションを管理できるようになります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)