watchOS 6のコンセプト画像、拡張されたアクティビティリングやウォッチフェイスコントロール

watchOS 6のコンセプト画像、拡張されたアクティビティリングやウォッチフェイスコントロール

watchOS 6はどのように?

今秋登場するAppleのwatchOS 6 はどのようになるのか?

このコンセプトはJake Sworski氏によって作成されたものです

ここで想像される最もすばらしい機能の1つは自動時計の顔のサポートです。つまり、Apple Watchは時間や場所に基づいて自動的にウォッチフェイスを切り替えます
WatchOS 6 concept 00013 z
拡張されたActivity Ringsシステムも想定していて、ここでは、呼吸、距離、睡眠などのアクティビティリングを追加することができます
WatchOS 6 concept 00003 z
Apple Watchから身長、体重、BMIを直接追跡できる新しいBodyアプリもあります

スポンサーリンク


専用の栄養アプリで、watchOSのカロリーを記録することもできます
WatchOS 6 concept 00011 z
多くのwatchOSの概念と同様に、睡眠追跡もこの概念に含まれ、新しいSleepアプリでは、ユーザーは睡眠中の平均心拍数、ベッドでの合計時間、眠っている時間などを確認できます
WatchOS 6 concept 00015 z
他の機能には、拡張されたカレンダーアプリケーション、およびNotes、Home、Photos、Books、Safariなどのためのまったく新しいアプリケーションがあります
WatchOS 6 concept 00010 z
WatchOS 6 concept 00012 z
Appleは6月のWWDCで、どんなwatchOS 6を見せてくれるのでしょうか?

すべてのコンセプト画像は、こちらで見ることができます

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)