Apple Watch Series 4の心電図(ECG)機能は、設定の変更で日本で利用が可能ななる?

Apple Watch Series 4の心電図(ECG)機能は、設定の変更で日本で利用が可能ななる?

心電図(ECG)機能

Apple Watch Series 4の新機能の一つの心電図(ECG)機能は、認可が必要でFDAで認可された米国で利用が可能となります

この制限はハードウェアによって強制されるものではなく、どの国でもApple Watch Series 4を購入すると、新しいセンサーが組み込まれます。ECG機能に関連するiOS内のコードを見ると、米国の制限はユーザーのデバイス(iPhoneとApple Watch)のソフトウェア領域に基づいていることが確認できました

Apple Watch ECGの制限はソフトウェアベースであるということは、ハードウェアと比較してソフトウェアの制限が本質的に回避されます

地域に基づいて、サポートされていない国でApple Newsなどの他の機能を使用できるように、iPhoneやApple Watchの地域を変更することで、ユーザーは機能にアクセスできます

スポンサーリンク


地域と言語は2つの異なる構成であることに留意してください

言語として英語のiOSデバイスを使用していますが、地域がブラジルに設定されているため、私(Guilherme Rambo氏)はそこに住んでいます、米国地域に限定された機能にアクセスするには、「設定」>「一般」>「言語&地域」>「地域」で「米国」を選択するだけです
ECG 00003
これには日付と時刻の形式やその他の単位を変更するなどの副作用がありますが、新機能が住んでいる地域で利用可能になる前に実際にアクセスしたい場合は、試してみる価値があります

また、この情報はプレリリースソフトウェアの分析に基づいているため、AppleがECG機能を公開する前にAppleがこの方法を変更する可能性はあります

(Via 9to5Mac.)


現在、心電図(ECG)機能は未だ利用可能とはなっておらず、Appleは以前に年内に利用可能となるとアナウンスしています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)