Apple、最新の「watch 4.3 beta」でiPhoneのミュージックライブラリを閲覧し制御する機能を復活

Apple、最新の「watch 4.3 beta」でiPhoneのミュージックライブラリを閲覧し制御する機能を復活

Appleは本日、「watchOS 4.3 beta (15T5165e)」を開発者にリリースしました

このアップデートで、watchOS 4で削除されたApple WatchからiPhoneのミュージックライブラリを閲覧し制御する機能を復活させています
WatchOS 4 3b 001 png

スポンサーリンク


新しいOSは、曲を「ラブ」や「好きじゃない」をマーク、接続されたライブラリからトラックを削除したり、オーディオをAirPlayデバイスにルーティングしたりする機能を含む、watchOS 4で失われたメディアコントロールを完全に復活させるようです
WatchOS 4 3b 002 png
Appleは、昨年9月にwatchOS 4で接続されたiPhoneの音楽ライブラリをブラウズするためのサポートを削除したときに、ちょっとした騒動を引き起こしました

当時、ユーザーは “Now Playing”画面で接続されたiPhoneで再生されている曲を制御できましたが、閲覧はApple Watchに同期されたトラックに限られていました

約束したように、Apple MusicとiTunes Matchストリーミングは、後でLTE対応のApple Watch Series 3デバイスに対応しました

従来のwatchOSバージョン(watchOS 3など)では、Apple Watchユーザーは、時計の内蔵音楽アプリで自分の携帯電話をソースとして選択することで、接続しているiPhoneで曲を検索することができました

(Via appleinsider.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)