「watchOS 4.1 beta 1」は、音楽ストリーミング、新しいラジオアプリ、LTEストリーミングをサポート

「watchOS 4.1 beta 1」は、音楽ストリーミング、新しいラジオアプリ、LTEストリーミングをサポート

LTE上のApple Watchに音楽をストリーミングするためのサポートが導入され、Beats 1ライブやその他のApple Musicラジオ局にアクセスできる新しいラジオアプリが登場します

「watchOS 4.1 beta 1」に新機能

Appleは本日開発者に「watchOS 4」リリース後、最初となる「watchOS 4.1 beta 1」をリリースした事をお知らせしました

この「watchOS 4.1 」には、3つの注目すべき機能が含まれています

iCloudミュージックライブラリ全体にアクセス

Apple Watchで直接再生するために曲を同期する必要がなくなります
また、Siriを使用してAppleの膨大な4,000万曲の曲の曲を直接再生することもできます

新しい、「ラジオ」アプリ

「ラジオ」アプリは、その名前が示すように、ビート1の音楽やさまざまなアップルの音楽ラジオを再生するためのラジオです

サードパーティのステーションを再生するためにも使用できますが、リリースノートではESPNの再生が現在機能していないと記しています

LTE接続でのストリーミングをサポート

ペアリングされたiPhoneとWi-Fi経由で音楽をストリーミングするだけでなく、「Apple Watch Series 3」のCellularモデルではLTE接続で直接音楽をストリーミングすることが可能です

iPhoneから離れていても離れていても、Wi-Fi接続から離れていても、広大なApple Musicライブラリからの音楽再生を楽しむことができます


スポンサーリンク







(Via 9to5Mac.)
LTE接続でのストリーミングがバッテリーの寿命にどれほど影響するかはまだはっきりしていませんが、Cellularモデルの所有者にとっては、魅力的ではないかと思います


「watchOS」は、開発者だけに公開されているので、正式に「watchOS 4.1」がリリースされるまで開発者以外は利用する事が出来ません


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)