Apple、LTEの代わりに不明なWi-Fiネットワークに接続するApple Watch Series 3の修正を調査中

Apple、LTEの代わりに不明なWi-Fiネットワークに接続するApple Watch Series 3の修正を調査中

Apple Watch Series 3の「ハンドオフ」は、それが想定されているように機能しない場合がある

Apple Watch Series 3のLTEの問題

Lauren Goode氏は「The Verge」で次のように述べています

LTE機能を備えたApple Watch Series 3のレビューを書いている間、私は注目すべき接続性の問題を経験しました、LTE機能を備えたApple Watch Series 3のレビューを書いている間、私は注目すべき接続性の問題を経験しました

Appleは、公式声明を発表しこの問題を認めています

Apple Watch Series 3が未認証のWi-Fiネットワークに接続しなくても接続できれば、時計が携帯電話を使用できなくなることがあることを発見した


今後のソフトウェアリリースで修正を検討している

スポンサーリンク




同氏のApple Watch Series 3のレビューでは


複数の機会に、LTEに切り替えるのではなく、未知のWi-Fi信号の単一のバーに接続してそのネットワークに留まると述べました

複数の機会に、私は自分自身を電話から切り離し、私の家やオフィスから離れたブロックを移動し、ウォッチがLTEに接続するのを見ました。それは、LTEに切り替えるのではなく、いくつかのランダムなWi-Fi信号の単一のバーをピックアップし、その上に掛かっているように見えます

LTEバージョンが動作する方法は、あなたのスマートフォンの接続から、他のどのタイプの接続が利用可能であっても「引き渡す」ことです
場合によっては、以前に接続したWi-Fiネットワークがある場所に居る時のように、Wi-Fiになります
他のケースでは、iPhoneなしで外出している時のように、既知のWi-Fiネットワークの近くにいなくてもLTEになります

Apple Watch Series 3があなたのiPhoneから離れた後でLTEを「見つける」ためには1分かからないと思うのは妥当で、これが多くの時間を要するか、まったく動作しないことは合理的ではありません
これにより、Watchで強制的にWi-Fiをオフにする方法がるので、LTEがデフォルトとなります

Appleは先ほどの声明で「今後のソフトウェアリリースで修正を検討している」とは言っていますが、期限を明確にしていないのでソフトウェアの更新時期は現在不明です

(Via The Verge , The Verge)


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)