Apple、新しい言語サポートとバグ修正が含まれるアップデート「watchOS 2.1」をリリース

Apple、新しい言語サポートとバグ修正が含まれるアップデート「watchOS 2.1」をリリース

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。


watchOS 2.1

Appleは、新しい言語サポートとバグ修正が含まれるアップデート「watchOS 2.1」をリリースしています



WatchOS21 002


アップデートの詳細


  • アラビア語、チェコ語、ギリシャ語、ヘブライ語、八ンガリー語、マレー語、ポルトガル語(ポルトガル) ベトナム語のシステム言語サポートを追加
  • 右から左に読み書きする言語のユーザインターフェイスサポートを追加
  • アラビア語でラテン数字とヒンディー数字間の切り替え機能を追加
  • イスラム暦とユダヤ暦の新しいコンプリケーションを追加
  • アラビア語(サウジアラビア、アラブ首長国連邦)の Siriおよび音声入力サポートを追加
  • 英語(マレーシア)、チェコ語、ギリシャ語、ヘブライ語、八ンガリー語、ポルトガル語(ポルトガル)、べトナム語の音声入力サポートを追加
  • カレンダーコンプリケーションでイベントがアップデートされない問題を修正
  • 省電力モードで時刻が表示されない問題を修正
  • 他社製Appが起動しない問題を修正
  • 他社製Appのアイコンが正しく表示されない問題を修正
  • システム言語の変更時に動作が不安定になる問題を修正








ご案内

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly














LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)