ステージIVaからいまのところ元気な私が、小林麻央さんの乳がん報道で思ったこと

ステージIVaからいまのところ元気な私が、小林麻央さんの乳がん報道で思ったこと

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。




私は、1年11ヶ月前にすい臓がんの可能性があり最初はステージIIIで手術が出来る可能性がありそうと言われ精密検査を受けると、がんが大きくなり過ぎて毛細血管まで巻き込んでいたので手術が出来ない状態で

他には転移はしてないとのことで、ステージIVaだと云われました

その後のこともあるので余命を尋ねると、4ヶ月との返事でした

自分に経験があるので人事とは思えず報道番組を見ていました

市川海老蔵さんが語ったこと


1年8ヶ月前に発症



乳がんと言うことで女性なので手術なしで治そうとしたのか?その時点で手術が出来ない状態であったのか?

その辺りの説明がないのでわからないのですが・・・

進行具合はかなりスピードの速いもので、なかなか大変なもの ではないか



この言葉から、外科的処置の放射線療法、化学療法、免疫療法などの治療を進めたのではないかと思うのです

その結果が思わしくなく進行して行ったのではないかと思われます

ステージについては「全部聞いているが、深刻という言葉でご理解いただきたい」

手術に至らなかったので、抗がん剤治療をしている



私の経験から云うと手術が出来ない状態で手術が出来るようになる状態にするために、抗がん剤治療をしている
軽はずみにはいえないが、ステージIIIA-C辺りではないかと思います

抗がん剤治療と言うことは、腫瘍が大きくなっているので手術が安全に効果的になるように小さくするためだと思われます


スポンサーリンク




私の場合は2週間入院して抗がん剤の副作用などの検査をしてその後に通院での抗がん剤の治療になりました

抗がん剤は同じ種類であっても、人によって副作用の種類や度合い、効果が違います

抗がん剤は癌細胞自体だけでなく正常な細胞にも同じように効果を上げようとします

ほんと副作用は様々です、急に高熱が出てじん麻疹のようになったり、甘味が苦く感じられたり、ご飯の湯気の匂いがダメだったり、口内炎がでて食事がし難くなったり

身体も辛いのですが、家族にも同じ思いをさせていること自体が心苦しく思いそれも辛いのです


現在は通院しながら抗がん剤治療、手術する方向での抗がん剤治療


色々と試している中で効果が見え始めているのではないかと思います

手術が終わっても癌細胞根絶のために、暫くは抗がん剤の治療は続くのが普通のようです

私の場合は4ヶ月の抗がん剤治療でがんの大きさがステージIVからIにまで小さくなり手術を受けることが出来ました

余命4ヶ月からでも生還出来る(完治ではなく寛解です)ので

若くて体力があり、家族の方々や周囲の方々の愛情やサポートをいっぱい感じられる、麻央さんが抗がん剤の効果があり手術出来るようになればと祈るばかりです



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)