macOS Mojaveでのアプリケーションの権限、アクセシビリティとフルディスクアクセスの違いは何か?

macOS Mojaveでのアプリケーションの権限、アクセシビリティとフルディスクアクセスの違いは何か?

新しいコントロール

macOS Mojaveでは、アプリケーションが望ましくないアクセスをしないようにする新しいコントロールを提供しています

Mac は、広範なマルウェアを回避しており、Appleは悪意のあるソフトウェアがmacOSの足がかりになるという方法を先取りしようとしています

2015年にエル・キャピタン社では、システム・ファイルの改ざんを防止するためにシステム・インテグリティ・プロテクションが採用されました

2017年のSierraは、署名のないMacアプリケーションをプロンプトなしで実行できるようにするオプションを削除しました

macOS Mojaveで、以前のリリースで一般的に許されていた動作のためのある種のシステムレベルの特権をアプリケーションに要求させ、更新されていない古いアプリがある場合は、手動で作業を続ける必要があります

これらのアプリがインストールされている場合は、macOS Mojaveにアップグレードした後に、「システム環境設定」>「セキュリティ&プライバシー」の「プライバシー」タブで承認または追加する必要があることを説明するプロンプトまたは警告が表示されます

場合によっては、アクセシビリティリストの隣にあるボックスにチェックが必要です、またはフルディスクアクセスの場合もあります

どちらの種類の許可でも、アプリケーションまたはmacOSはプロンプ​​トを出したり、進める方法を説明しなければなりません、権限を追加するか、リストにアプリを追加する必要があるかどうかは、自分で判断する必要はありません、一部の開発者は許可を要求する方法を合理化するための互換性の更新プログラムをリリースしています

スポンサーリンク

アクセシビリティ

MacOSの以前のリリースで登場したアクセシビリティアクセス許可は、アプリケーションが機能を使ってシステムとのやりとりを監視し、視覚、聴覚、または動きの問題を持つ人々を助けるソフトウェアを主に設計しています

ここに表示されるアプリには、「Pastebot」「PopClip」「TextExpander」などがあります、Appleは、シンプルなマルウェアによって、悪用されたり乱用されたりする可能性のある種類の機能のため、明示的な許可が必要です
MacOS Mojave Preferences 00001 z

フルディスクアクセス

フルディスクアクセスは新しいもので、許可なくアプリをブロックすることで、ドライブ上のファイルにアクセスすることはできません

Backblaze、ChronoSync、Carbon Copy Clonerなどのバックアップ、同期、およびクローン作成ソフトウェアにはフルディスクアクセスが必要です
そのようなアプリケーションの最新バージョンがMojaveで使用される前に最新の状態になっていることを確認する必要があります

macOS Mojaveのフルディスクアクセスは、ディスク上のすべてのファイルを参照する必要のあるアプリケーションにのみ許可を与えます
現時点では、最初に起動する前に開発者のサイトも確認しておく必要がありますが、プロンプトやインストール手順が組み込まれているものもあります

昨日紹介した、「OnyX」はサイトのインストール手順で明記されていました
OnyX 3 5 1 00002

(Via Macworld.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)