16インチ MacBook Proの分解で明らかになったM1 Maxの内部構造

16インチ MacBook Proの分解で明らかになったM1 Maxの内部構造

Appleの新しいMacBook Proのティアダウンが始まっています

元リーカーのL0vetodream氏は、火曜日に16インチのMacBook Proを受け取り、すぐに分解を始め、その過程の写真をTwitterのスレッドで公開しました

16インチMacBookの内部へのアクセスは、他のユニボディモデルと同様に、リアリッドの周囲に配置されたネジを使って簡単に行うことができます

再設計されたヒートパイプは、専用のApple Siliconの中心部を通るように弧を描いており、熱を吸い上げて、50%以上空気の流れが良くなったと言われる再設計されたファンで排出します

16 inch MacBook Pro teardown 002

過去のMacBookの改訂版と同様に、Appleのファンエンジニアリングのほとんどは、フィンの形状と、おそらくモーターに費やされているようです

スポンサーリンク


他にも、ユーザーの近くに配置されたスピーカーシステムの再配置や、バッテリーバンクの全長を延長している点などが注目されています

Appleのオールインワンソリューションは、これらのコンポーネントをすっきりとしたパッケージにまとめ、1つのM1 Maxシステムオンチップが4つのモジュールのユニファイドRAMに挟まれています

また、5年ぶりにMacBook Proに戻ってきた自慢のHDMIポートとSDXCカードリーダーも搭載されています

AppleのMagSafe 3を含むすべてのポートは、頑丈な金属製のブラケットでロジックボードにしっかりと固定されています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)