iPhone 11 Proの分解から、双方向ワイヤレス充電機能があることが解る

iPhone 11 Proの分解から、双方向ワイヤレス充電機能があることが解る

双方向ワイヤレス充電機能

修理の専門家であるiFixitは、iPhone 11 Pro Maxを発売日に分解しました

iFixitによると、iPhone 11 Pro Maxの L字型バッテリーには、Lightning充電ポートとメインロジックボードにそれぞれ接続する1 組のコネクターが含まれています

確認されていませんが、今日の分解では、すべての新しいiPhone Pro Maxモデルで現在休止しているワイヤレス充電機能の存在を示しています

現在知られているのは、Appleが新しいハードウェアをiPhone 11 Pro Max(おそらくiPhone 11 Pro)に組み込んだことです、ワイヤレス充電機能の大幅な更新はありません

最新のiPhoneは、以前のモデルと同じ速度で同じ効率で充電します

スポンサーリンク


iPhone 11の発表に至るまでの噂は、AppleがiPhoneの内部充電コイルを使用してAirPodsやおそらく他のQi互換スマートフォンなどの2つ目のデバイスを充電できる双方向充電機能に取り組んでいることを示唆しています

iFixitの分解により、バッテリーの下にある未確認の回路基板も明らかになりました

これは、Appleの噂の双方向充電機能に結び付けられる可能性があります

(Via “>appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)