Apple、「Workflow」を「ショートカット 2.0」としてリリース

Apple、「Workflow」を「ショートカット 2.0」としてリリース

ショートカット 2.0

Appleは、従来の「Workflow」をSiriショートカットとして作成出来る「ショートカット 2.0」としてリリースしています

「Workflow」をアップデートすると「ショートカット」となります

Siriショートカットを使えば、1回タップするかSiriに一言伝えるだけで、Appでの作業をすばやく実行できます。“ショートカット” Appでは、よく使うAppの複数の操作をまとめた独自のショートカットを作成できます。ギャラリーに用意されたサンプルを使ってみることも、ドラッグ&ドロップでショートカットを独自に作ることもできます

“ショートカット”には300種類以上のアクションを用意。連絡先、カレンダー、マップ、ミュージック、写真、カメラ、リマインダー、Safari、ヘルスケアなど、普段よく使う多数のAppのほか、Siriショートカットに対応したすべてのAppで機能します

作成したショートカットは、“今日”ウィジェットから実行することも、検索して実行することも、Siriに頼んで実行してもらうこともできます。さらに、よく使うショートカットをAppアイコンとしてホーム画面に追加することもできます

また、ユーザガイドも現在は英語ですが、「Shortcuts User Guide」が公開されています
Shortcuts User Guide 001

スポンサーリンク

バージョン 2.0の新機能

新しい“ショートカット” Appでは、1回タップするかSiriに一言伝えるだけで複数の操作が実行される独自のショートカットを作成できます。

  • ショートカットをSiriに追加して音声で実行できます
  • Siriのショートカットに対応したAppで利用できる新しいアクションが追加されました
  • ユーザがロック画面や検索でよく使うショートカットをSiriが提案します
  • ユーザの普段の操作や最近のAppの使用状況に基づいて、ショートカットに追加するアクションをSiriが提案します
  • “Wi-Fiを設定”、“低電力モードを設定”、“おやすみモードを設定”などの新しいアクションを使って、システム設定を変更できます
  • 新しい支払いアクションを使って、Apple Payやお気に入りのAppで支払いの送金や要求ができます
  • 新しい“WebページでJavaScriptを実行”アクションを使って、Safariで独自のスクリプトを実行できます
  • “ワークフロー” Appが“ショートカット”に置き換わり、作成済みのすべてのワークフローが自動的に読み込まれます
  • デザインが刷新されて、より使いやすくなりました



ショートカット
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

ss1 ss2











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)