iOS 12 beta 7 (16A5354b)は、アップデート後パフォーマンスが低下したとしてOTAを更新

iOS 12 beta 7 (16A5354b)は、アップデート後パフォーマンスが低下したとしてOTAを更新

Appleは、開発者に「iOS 12 beta 7 (16A5354b」をリリースしましたが、更新後のパフォーマンスが低下するという広範な問題が報告された後にOTAアップデートを一時的に取りやめました

この問題は、IPSWファイルで手動ではなく、OTAソフトウェアの更新を使用して更新したユーザーにのみ影響します

現在は、「iOS 12 beta 6 (16A5345f)」に戻っており、登録済みの開発者は、デベロッパーセンターにある復元イメージを使用して、復元できます

「iOS 12 beta 7」は、修正版がリリースされるまで待つ必要があります

スポンサーリンク


更新したユーザーのパフォーマンスの問題は、ロック画面が応答しなかったり、各アプリの起動に時間がかかること、「設定」でアプリのアイコンが表示されないなどのですが、暫くするとパフォーマンスは戻っているようです

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)