Appleが基調講演で話していないwatchOS 6の機能詳細

Appleが基調講演で話していないwatchOS 6の機能詳細

基調講演やプレゼンテーションのページでもAppleはwatchOS 6の機能すべてにおいて詳述していません

以前はiPhone上の「Watch」アプリから調整したり、機能を使用する必要があったのに対して、watchOS 6ではApple Watchで使用されていることがわかります

アクティビティ

アクティビティを完了すると、さまざまな結果の概要がApple Watchのアクティビティに表示されます、これまでは、エクササイズが完了したと宣言されたときにこのサマリーを見ましたが、詳細を見るのにはiPhoneでアクティビティを開く必要がありました
WatchOS 6 other 00001 z

WatchOS 6 other 00002 z

スポンサーリンク

ダイヤル

ダイヤルは時計で直接並べ替えることができます。これは、watchOS 3でアプリをドックに整理するために持っていたものとほぼ同じ機能の戻りです

WatchOS 6 other 00003 z

具体的には、ダイヤルのカスタマイズモードに切り替えると、わずかな追加の圧力でダイヤルが周囲に表示されるようになり、それを動かすことができます

アクセシビリティ

watchOS 6は、iPhone上の 「Watch」アプリにあるすべてのユーザー補助設定をApple Watchに提供します。これは、watchOS 5の5つに対して15の設定を表しています、iPhoneに対するApple Watchの独立性が増していることを示すもう1つの例です

ウォーキートーキー

昨年登場した、トランシーバー機能のデザインが一新されました

インターロケーターに話しかけると同時に触れるボタンは、その操作に関してより明確です

WatchOS 6 other 00004 z

ミュージックコントロール

Apple Musicの購読者は、Podcast放送局だけでなく、自分の “For you”セレクションにも時計からアクセスできます

「リスニング」アプリのコントロールインターフェイスは、コントロールされている曲の鑑賞、AirPlayへのアクセス、またはランダムプレイモードまたはリピートプレイモードの使用など、コントロールが強化されています

WatchOS 6 other 00007 z

WatchOS 6 other 00008 z
「リスニング」インターフェイス、下部中央のアイコンをタップすると、シャッフル/繰り返し設定が表示されます

スポンサーリンク

システムアップグレード

watchOS 5までは、iPhoneからしか起動できませんでしたが、Apple Watchで確認とインストールができるようになりました

WatchOS 6 other 00010 z

アプリのリスト表示

アプリのリスト表示は見た目が進化し、背景のブロックがなくなり、テキストがより目立ちます、レコードの場合は、アプリのグリッドを長押しして、バージョンリストに渡す選択肢を持ちます
WatchOS 6 other 00012 z

(Via Watch Generation.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)