スポンサードリンク

【iPad Pro】「Apple Pencil」で五つの手書きノートを比較してみました

スポンサードリンク

【iPad Pro】「Apple Pencil」で五つの手書きノートを比較してみました


Notability



「Notability」には「GoodNotes 4」の様に手書き認識のOCRはありませんが、録音ができMacとiCloudを利用して同期がとれるようになっています

Macと両方持ちなら使い勝手が一番ではないでしょうか

先日のバージョンアップで「Apple Pencil」との互換性が向上して、非常にペンへの追随性がアップしてタイムラグを感じることはありません

ただ「GoodNotes 4」同様に傾けて濃淡を付けることに対応していませんでした

図形



図形は別画面で書くようになっていてドローアプリで書くような感じで書くことができます
 

ApplePencil Note 013

インポート・エクスポート



「写真」「図」だけでなく「Webクリップ」も取りこめるようになっています

ApplePencil Note 011



エクスポートでは「PDF」「RTF」などが利用できます

ApplePencil Note 012



スポンサードリンク



Notes Plus



この「Notes Plus」は正式に「Apple Pencil」に対応をうたってはいませんので筆圧感知や傾けての濃淡にも対応していません、万年筆をシミュレートする形で多彩な文字表現ができるようになっています

ApplePencil Note 014

カラーも自由にカスタマイズできるようになっていて、とても自由度が高いアプリケーションだと思います

「Apple Pencil」に正式対応していないからでしょうが、これまでの三つのアプリと比較するとペンの動きに描画が少し遅れる感じですので、今後のチューニングに期待です

「Notes Plus」にも手書き認識OCR機能があった

  • 手書きで書いて行きます

  • ApplePencil Note 016

  • 書き終わったらペンで囲みを書いて画面をタップします「✓」が表示されるのでこれをタップします

  • ApplePencil Note 017

  • 右上の「三本線」をタップします

  • ApplePencil Note 018

  • 変換する言語を指定します

  • ApplePencil Note 019

  • 最初は日本語への変換がありませんので「>」をタップして日本語への変換エンジンをダウンロードします

  • ApplePencil Note 021

  • これで、殴り書きの文字が綺麗に一部問題はありますがテキストに変換されました

  • ApplePencil Note 020

「Notes Plus」も「GoodNotes 4」同様にOCRの認識率の高さにビックリさせられました


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク