【iPad】YAMAHAから「Synth Arp & Drum Pad」がリリース

【iPad】YAMAHAから「Synth Arp & Drum Pad」がリリース

• ❑ Synth Arp & Drum Pad

多彩なフレーズとビートで、自由に演奏を楽しめるヤマハの新アプリ、¥700 → ¥350。(発売記念価格7/31迄)

Synth Arp  Drum Pad 001

特徴

[Functions]
Software Synthesizer

– 7つのドラムキットを含む、61種類の高音質な音色が選択可能

– Cutoff,Resonance,Attack,Release,Portamentoをノブでコントロール可能。音色設定が容易です。

– エフェクトも、リバーブ・コーラス・バリエーションエフェクトを個別に設定可能。

Keyboard Arpeggiator & Scale

– さまざまな楽器の演奏パターンを収録した342種類のアルペジオが選択可能。

– それぞれのアルペジオフレーズはSWING、ノートの長さ、オクターブレンジなどの設定をリアルタイムで調整できます。

– 更に、スケールを切り替えての演奏もできます。スケールキー上では、タップしたまま指を前後左右に動かすことで、Cutoff,Resonance等の音色コントロールが可能です。(タッチコントロール機能)

– iPad画面上でのタップの強度をベロシティに反映、画面左のリボンコントローラーでもコントロール可能です。

Drum Pad

– 16個のドラムパッドには、それぞれ5つのノートを指定したベロシティで入力できるので、指一本でのコード演奏や複数のパーカッションの演奏ができます。

– さらにひとつのパッドには右と左で別々のノート、ベロシティを登録することができ、より細かい演奏が可能です。iPad画面上でのタップの強度もベロシティに反映します。

– パッドごとに搭載されているステップシーケンサーを使って、リズムトラックを簡単に作成することも出来ます。
– また、Learn機能を使えば、画面下部に表示される鍵盤や外部MIDI機器の鍵盤でコードを押さえるだけで、簡単に和音を一つのパッドに登録できます。

– 64種類のユーザーテンプレートを使ってお好みの設定を保存できます。

MIDI Loop Sequencer/Recorder

– 先に録音した演奏を再生しながら、その音楽に合わせ別の演奏をプラスして録音する、オーバーダブでの録音ができます。

– 通常の録音の他、任意の長さのループを前提とした録音も選択できます。

– クオンタイズ設定や、録音スピードの調節、プリカウント設定も可能。

– データセットも最大5つまで保存できます。




—– Ad 3 —–



———-

Synth Arp & Drum Pad 1.0.0 (¥350)

カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ¥350(サイズ: 77.9 MB)
販売元: Yamaha Corporation – Yamaha Corporation
リリース日: 2012/06/28

App

現在のバージョンの評価: (40件の評価)
全てのバージョンの評価: (40件の評価)

ss1 ss2


価格は記事投稿時の価格です、ご購入の際は App Store で最新価格 をご確認の上、くれぐれも「自己責任」でお願いします。










スポンサーリンク


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 4 )

コメントはまだありません。

  1. 【iPad】YAMAHAから「Synth Arp & Drum Pad」がリリース http://t.co/rpYxwi94

  2. 【iPad】YAMAHAから「Synth Arp & Drum Pad」がリリース http://t.co/rpYxwi94

  3. 【Share】【iPad】YAMAHAから「Synth Arp & Drum Pad」がリリース -via 酔いどれオヤジのブログwp http://t.co/ar8WULX7

  4. 只今半額
    "【iPad】YAMAHAから「Synth Arp & Drum Pad」がリリース" http://t.co/pdPOZe8S

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)