米国、iPhoneユーザの「ながら運転」はAndroidユーザの2倍

米国、iPhoneユーザの「ながら運転」はAndroidユーザの2倍

2019年の「ながら運転」統計

2019年3月、The Zebraは2,000人のアメリカ人の運転行動と態度について調査を行いました

  • 18〜34歳の回答者の37%は、運転中に仕事関連のメッセージに返信することに強いプレッシャーを感じていす、全年齢層の全国平均は25%でした
  • 幼い子供を持つ親は、小さい子供を持たない大人(74%)よりも運転中に気を散らす可能性が高かった(87%)
  • 運転中に3人に1人の女性ドライバーが写真を撮ることを認めています

スポンサーリンク


Distracted Driving 00001
この統計で、運転手が使用した携帯電話のオペレーティングシステムに基づいて「ながら運転」行動の多くの変化を明らかにしています

  • iPhoneユーザーの16%が、運転中に気を散らすことは決してないと答えました(Androidユーザーの23%、その他のモバイルオペレーティングシステムのユーザーの38%)
  • iPhoneユーザーは、Androidユーザーよりもビデオチャット、Instagramの使用、NetflixまたはHuluでの番組のストリーミング、および運転中の写真やビデオの撮影の可能性が2倍以上高くなります
  • 運転中に10%のiPhoneユーザーがYouTubeで動画を見ることを認め、4%のAndroidユーザーが同じことを認めています

(Source The Zebra , Via the Mac Observer.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)