データストレージ会社Backblazeが発表したハードドライブの信頼性に関する統計

データストレージ会社Backblazeが発表したハードドライブの信頼性に関する統計

Macの場合、最近はSSDが主流となってきていますが外付けのストレージとしてはHDDの使用が多いと思います、実際に私もHDDでRAIDを組んでいます

広範ではあるが網羅的ではないデータ

レビュー担当者は個々のユニット、さらには小さなコレクションをテストできますが、データストレージ会社Backblaze ははるかに多くのデータにアクセスできます

そのドライブは2018年の間に延べ 3,570万日間実行しました

このデータは全て「スピニングハードドライブ」に関するものでSSDに関するものではありません
HDD 00002

Seagateにとって悪いニュース、HGSTにとって良いニュース

2018年の終わりに、Backblazeは23,000台以上の4TG Seagateハードドライブを持っていました。昨年のうちに、それらの2.13%が機能不全となりました

比較のために、Backblaze社では東芝の4GBドライブのわずか0.69%が故障でしたが、これはこのサイズで2番目に悪いパフォーマンスでした

Western Digitalのドライブは、HGSTで作られています

Backblaze社は、HGSTの19,200台の4TBドライブを使用しました、これは2つの異なるモデルですが故障率はわずか0.49%と0.36%でした

スポンサーリンク


Backblazeは、Seagate 6TBと8TBドライブの3つの異なるモデルを使用し、合計26,000台を販売し、これらの不良率は0.88%から0.98%でした

同社が使用しているHGSTの8TBドライブの故障率は0.68%でした

Backblaze社の31,000台のSeagate 12TBドライブは1.39%の割合で故障したのに対し、同じ容量のHGSTドライブの1,278台は0.5%の割合で故障しました

ハードドライブのための良いニュース

Backblaze社のKlein氏によると、年間故障率(AFR)は毎年改善されており、2016年は1.95%、2017年は1.77%で昨年は僅か 1.25%だったと述べています

(Via Cult of Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)