Apple、米国のスマートフォンマーケットの飽和度が高いが、iPadはまだ成長の余地がある

Apple、米国のスマートフォンマーケットの飽和度が高いが、iPadはまだ成長の余地がある

スマートフォンマーケットの飽和度が高い

Pew Research Centerが発表したデータによると、インターネットに接続されたデバイスや関連サービスの全体的な利用が2016年とほぼ同じ水準にとどまっていることを示唆しています

2018年の米国大人の約95%が携帯電話を所有して使用しており、77%がスマートフォンの所有または使用しています、ソーシャルメディアの利用も69%が2016年と変化がありません

変更があったのは、

  • インターネット使用率は88%から89%に増加
  • タブレットの使用率は51%から53%に増加
  • デスクトップまたはノートブックコンピュータの使用率は78%から73%に減少

PullのPaul Hitlinは次のように述べています

この成長の遅れに寄与する要因は、人口がいくつかのテクノロジーを採用する飽和レベルに近づいていることです、単純に言えば、いくつかの例では、非ユーザはあまり多くありません

IPad after years 001

スポンサーリンク


18歳から49歳の人の約91%が現在スマートフォンを所有しており、99%が何らかの形のセルラー通信を使用

iPadのようなタブレットの所有権と使用方法については、教育者と収入の豊かな人が最大のユーザーであることが示されています

18歳から49歳の成人の55%がタブレットを所有または使用しており、大学卒業者は66%、収入が75,000ドル以上の人では72%となっています
IPad after years 002
全体的に見て60%以下で、iPadは飽和状態ではないことがわかります

(Source Pew Research Center , Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)