ナビゲーションマーケットで、Googleマップが67%を占める中、Appleマップは11%

ナビゲーションマーケットで、Googleマップが67%を占める中、Appleマップは11%

The Manifest.

The Manifestの新しい調査データによると、大部分のスマートフォンオーナーはナビゲーションアプリを使用しており、Googleマップを最も好んでおりマーケットの67%を占めています、続いて Wazeの12%、Apple Mapsの11%、MapQuestの8%となっています
Navigation apps Market 001 z

スポンサーリンク


The Manifestの調査のその他詳細

  • スマートフォン所有者の4分の1(25%)は、より良いルートを提供していると考えて、好みのナビゲーションアプリを使用していると答えています
  • スマートフォン所有者の3分の1(36%)は、場所を離れる前にナビゲーションアプリを使用しており、34%は途中で使用し、30%は出発前と途中の両方で使用します
  • 回答者の87%は、運転ルートのためのナビゲーションアプリを最も使用しています
  • 米国北東部の人々は、他の米国の地域と比較して、公共交通機関、徒歩、サイクリングなどの運転以外の道案内向けのナビゲーションアプリを2倍使用しています

The Manifestは、イノベーター、起業家、中小企業向けの実用的なビジネスの知恵を集めて分析するサイトです

毎日少なくとも3種類のアプリを使用するスマートフォンオーナー511人の回答が含まれ、回答者は主に女性(72%)でした
年齢別では、18〜24歳(15%)、25〜34歳(28%)、35〜44歳(21%)、45〜54歳(18%)、55〜64歳(12%)、65歳以上(5%)でした

(Via AppleWorld.Today.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)