サードパーティーのTwitterクライアントの終わりか?

サードパーティーのTwitterクライアントの終わりか?

TwitterはネイティブMacクライアントをサポートしなくなりましたが、サードパティーのMacクライアントやiOSクライアントはいくつかありますあります

トップクラスのサードパーティのTwitterクライアントの開発者からの共同声明

Twitter third party 001 z
Talon、Tweetbot、Tweetings、Twitterrificの開発者が共同声明を掲載しています

2018年8月16日以降、Twitterの「ストリーミングサービス」は削除されます。これは、サードパーティ製アプリケーションの2つのことを意味します

  1. プッシュ通知はもう到着しません

  2. タイムラインは自動的に更新されません

TalonTweetbotTweetingsTwitterrificなどのアプリを使用する場合、開発者がこれらの問題を解決する方法はありません

私たちはアプリを更新することを非常に熱望しています、しかし、多くの要求にもかかわらず、Twitterは失われた機能を再現するための実行可能な方法を提供していません
私たちは1 年以上待っており、もう我慢出来ません

スポンサーリンク

影響を受けるのは誰か?

このような第三者のクライアントへの反感は、最近Twitterが自社のネイティブMacクライアントをサポートしなくなったことを考えると、特に紛糾します
来月になると、MacでTwitter DMの通知を受ける方法はありません(TwitterのWebサイトでもSafariのデスクトップ通知機能をサポートしていません)それはちょっと変です

この変更は、サードパーティのTwitterアプリを使用するユーザーに影響します、すべてのソフトウェアプラットフォームは影響を受けますが、iOSとAndroidではユーザーがプッシュ通知を利用してTwitterで何か起きたかどうかを知ることが難しくなります

Twitterの管理者は、自社のモバイルアプリとデスクトップのウェブサイトにユーザーを誘導したいと思うことは明らかです

何が変わったのか?

プッシュ通知の場合、この接続は開発者のサーバーで行われ、デバイスに送信されるメッセージの生成に使用されます、タイムラインの更新の場合、ストリームはモバイルデバイスまたはデスクトップコンピュータで直接開きます

このストリーミング接続は、アカウントアクティビティAPIに置き換えられています、この新しいインフラストラクチャは、アカウントの活動があるときにTwitterがあなたのサーバーに連絡するために使用する「webhooks」に基づいています

サードパーティのアプリでの問題

新しいアカウントアクティビティAPIはすべての開発者が利用できます

無料のAPIを使用すると、プッシュ通知を実装することができますが、15個のTwitterアカウントに限定されます

サードパーティのアプリでは数十万の顧客に通知を送信する必要があります、プレミアムアクセスの料金は、250ユーザーあたり月額2,899ドルです
この費用をカバーするには、サードパーティのアプリは、月に16ドル以上の料金を請求する必要があります

Twitterはサードパーティのクライアントをシャットダウンすると明示的には言っていませんが、これらのAPIにアクセスできない場合は存在する可能性はありません

サードパーティのクライアントは、Twitterエコシステムの比較的小さな部分を占めていますが、重要なものです、TwitterはネイティブMacクライアントを気にしないかもしれませんが、これらのアプリのユーザーとそれを作成する開発者は間違いなくいます

(Source Apps of a feather , Via Daring Fireball.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)