ニューヨーク市警察は、36,000人のWindows Phoneを僅か数ヶ月でiPhoneに変更する?

ニューヨーク市警察は、36,000人のWindows Phoneを僅か数ヶ月でiPhoneに変更する?

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

僅か数ヶ月で

ニューヨーク市警察(NYPD)は過去2年間に警官に与えられた36,000台のスマートフォンを廃止しなければなりません

ニューヨーク市は、Bill de Blasio市長が「21世紀の巨大な一歩」と謳った1億6000万ドルのNYPDモビリティイニシアチブの一環として、MicrosoftベースのNokiaスマートフォンを購入しました

そして、全員にスマートフォンが渡されたわずか数カ月前ですが、当局は今年末までに全く新しいiPhoneを取り替える予定だといいます

この動きは、NYPDのデバイスと約12のカスタム設計されたアプリケーションを実行するオペレーティングシステムのサポートを停止するというMicrosoftの最近の決定に基づくものです

NYPDの携帯電話とそのマイクロソフトが開発したアプリケーションは、Windows 8.1オペレーティングシステム上で動作します.Windows 8.1オペレーティングシステムは、同社が7月11日以降サポートを終了すると発表しました



スポンサーリンク




テクノロジーの専門家は、GoogleのAndroidソフトウェアやAppleのiOSで動作するものよりも、Microsoftベースの携帯電話を選ぶというNYPDの決定に長い間疑問を抱いていました

それは、NYPDのMicrosoftのモバイルオペレーティングシステムへの移行は、Windows Phoneの2.3%の米国市場シェアが、Androidの65.2%とiOSの30.9%に比べて貧弱であるためです

NYPDは、2014年10月に最初にリリースされたLumia 830と、2015年3月にリリースされたLumia 640XLの2種類のNokiaのスマートフォンを購入しました

これと比較して、Appleは2014年9月にiPhone 6を発表し、その後主力製品を3回更新しています

今のところNYPDが与える予定のiPhoneは不明ですが、NYPDがiPhone 6を投入する可能性を示唆しています

たとえNYPDがiPhone 6を渡しても、MicrosoftのWindows Phoneスマートフォンよりも長いシェルライフと機能を提供する予定です

画像元:New York Post
(Via New York Post.)


マンハッタン安全保障構想でビデオ監視プログラムを運用するためにMicrosoft社のソフトウェアをすでに使用していたため、Microsoftベースのスマートフォンを選択したと言うことのようです

米国でもこの様なことが起こるのだと初めて知りましたが、実際にこれに近いことは日本でも多くあるのではないでしょうか

税金の無駄遣いと言うことに関しては、東京都の豊洲問題と同じですね(;´д`)

しかし、訴訟の国と言われる米国では税金の無駄遣いに関して何も起きないのでしょうか?


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)