LG Displayが2018年にAppleの第2のOLEDパネルサプライヤーになる

LG Displayが2018年にAppleの第2のOLEDパネルサプライヤーになる

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

SamsungはiPhone 8用のOLEDディスプレイの唯一のサプライヤーだと思われるが、KGI Securitiesの信頼できるアップルアナリストのMing-Chi Kuo氏からの新しいレポートによれば、LGがAppleに供給するOLEDパネルサプライヤーとして、直ぐに争いに参加する

Kuo氏は、LGが2018年にAppleのOLEDサプライヤーになることを示すいくつかの要因を説明しています

OLEDパネルがAppleにとって最も厄介なコンポーネントの1つとなっていており、 Appleは交渉力の一部を失ってしまった
したがって、Appleが2018年にLGディスプレイをOLEDディスプレイ事業に合わせて委託していると考えています

さらに、LGは他の業界のサプライヤーとの協力関係を改善し、出荷利回りを向上させることができると言います

サムスンは現在、フロントエンドとバックエンドの製造を扱うAppleの唯一のiPhone OLEDパネルサプライヤーです
LGDは同様の生産モデルを導入することができると考えています


しかし、その強みがフロントエンドのプロセスであることを考えると、GISのような特殊なバックエンドプロセスプロバイダーと協力することは、iPhone OLEDパネルの出荷レートを大幅に向上させると考えられます

スポンサーリンク




最後に、Kuo氏は、MegaSiteとの積層化の改善とFoxconn製造施設との統合のために、LGがGISと提携する可能性が高いと説明しています

今日のレポートは、これはLGが第2のOLEDディスプレイサプライヤーになるために35億ドルの賭けをしていることを説明しているとの今年初めからのレポートを繰り返しています

Appleが来年、すべてのiPhoneモデルにOLEDディスプレイ技術をもたらすことは過去に報告されています

今年の変更はハイエンドのiPhone 8に限定されますが、ディスプレイの追加供給のためのLGへの拡張は、アップルが新しいモデルにOLED製品を拡張することを確実に容易にします

画像元:9to5Mac
(Via 9to5Mac.)


複数のサプライヤーで競争させることは、価格の調整や安定した供給に必要なことだと思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)