Apple、自走車運転テストの取り扱い方法を教えるためのトレーニングプログラム

Apple、自走車運転テストの取り扱い方法を教えるためのトレーニングプログラム

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

自走車運転プログラム



Appleは、今月初めにカリフォルニアの道路で自走車をテストする許可を得ました

Business Insiderが取得したドキュメントには、「開発プラットフォーム固有のトレーニング」と、「Apple Automated System」と呼ばれる自律システムに関する詳細が含まれています
主要な訓練の問題の中には、必要に応じて自律車の手動制御を取り戻す方法に関する説明があります

安全性テストの間、「自律システム」すなわち開発プラットフォームは、例えばジョイスティック(または潜在的には自律型ソフトウェア)によって電子的に制御され、Appleのドライバーは車両を手動で制御する準備ができている必要があります

「開発プラットフォームは、ステアリング、加速、減速のための電子コマンドを送信する能力があり、動的運転タスクの一部を実行する可能性がある」とAppleの関係者は政府の書簡に記している

カリフォルニア州の法律のもとで、アップルは公道に行く前に自動化されたシステムを無効にする方法をドライバーに訓練する必要があります

この文書によると、Appleのドライバーは完全に訓練される前に7つのテストに合格しなければならない

各安全運転手には、2つの練習走行と3つの試験があり、プライベートコースと思われる各試験に合格する必要があります


スポンサーリンク




AppleCar 002
Appleは3台のLexus RX450h SUVを運転する6人の運転手の許可を申請しました、Appleのドライバは、主にBoschやTeslaのような企業で以前から働いていていました

Appleのテスト車両でブレーキペダルを踏んだりハンドルを握ると、電子走行モードが解除されますが、ドライバーは「ドライブバイワイヤー」モードをオーバーライドすることなく加速することができます

Appleは、そのアプリケーションで、その車両が衝突時に「関連するデータを取得して保存する」と述べています
AppleCar 005
AppleCar 001

Appleは長い間、「Project Titan」イニシアチブの下で、自律型車両技術に取り組んでいると噂されてきました

同社は、2016年後半に元プロジェクトリーダーのSteve ZadeskyがAppleを去り、ハード・エンジニアリングDan Riccioの上級副社長に手綱を手渡した時にブランド車を作る努力を断念したと伝えられています

プロジェクトタイタンはその後、長年にわたる幹部のBob Mansfieldに移管され、その後数百人の従業員を放出し、セルフ・ドライビング・ソフトウェアとサポート・ハードウェアに関するプログラムを再フォーカスしました

画像元:Business Insider
(Via Business Insider. AppleInsider.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)