「AirPods」再生の制御と、「Mac」「iPad」「Apple Watch」でシームレスな切り替え方法

「AirPods」再生の制御と、「Mac」「iPad」「Apple Watch」でシームレスな切り替え方法

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

「AirPods」で再生の制御



「AirPods」で再生の制御をするのにAppleのサポート文書「AirPods を使う」では「Siri」を利用して制御すると色々と制御できるように記載されています

・「お気に入りのプレイリストを再生して」
・「音量を上げて」
・「自宅への道順は?」
・「次の曲にスキップして」
・「音楽を一時停止して」
・「AirPods の充電残量は?」

とは言え、外で特に公共交通機関の中では「Siri」を使うのは勇気が要ります

「Siri」をオフにした場合は利用できるのは「AirPods」本体のダブルタップで「再生/一時停止」のみになってしまいます

AirPods AW 015

それ以外の操作は、「iPhone」本体でと言うことになり従来の「EarPods」より制御できる種類が少なくなってしまいます、ソフトウェアのアップデートで制御の選択方法が増えれば嬉しいのですが・・・

そんな時に「Apple Watch」があると「曲のスキップ」「音量」「プレイリストなどの選択」ができるのです、まぁ良く考えられていますね

Airpods Mac 003Airpods Mac 004



スポンサーリンク



iPhoneで「AirPods」を使う


  1. 画面下から上にスワイプして「コントロールセンター」を表示します
  2. Airpods Mac 005a

  3. 「コントロールセンター」の右下の「∨」をタップします
  4. Airpods Mac 006a

  5. 「AirPods」を選択します
  6. Airpods Mac 007a


Apple Watchに切り替える


  1. ミュージックで画面を強く押します
  2. Airpods Mac 008

  3. 「ソース」をタップします
  4. Airpods Mac 009a

  5. 「ミュージックソース」で「Apple Watch」を選択します
  6. Airpods Mac 010a

  7. 「プレイリスト」をタップします
  8. Airpods Mac 011a

  9. 「プレイリスト」で「Apple Watch上」のプレイリストを選択します
  10. Airpods Mac 012a

  11. 再生を開始します
  12. Airpods Mac 013a

  13. 「ミュージックコントロール」のステータスバーに「Apple Watch」のアイコンが表示されます
  14. Airpods Mac 014a



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)