Apple、サービス収益の急上昇の前四半期を発表か

Apple、サービス収益の急上昇の前四半期を発表か

Appleが7月30日に2019年第3四半期の業績報告をおこなうことを発表したことをお伝えしました

サービス収益の急上昇

Reutersによると、投資銀行のEvercore ISIは、App Storeの好調な収益のおかげで、サービス部門の収益が急上昇したことをAppleが示すことを期待しています

Appleの目標は、2020年に500億ドルのサービス収入を生み出すことであり、これは2016年度の250億ドルの倍増となります

今年の第2四半期のAppleのサービス収入は114億5000万ドルに達しました、これはAppleの二番目に大きいそして最も収益性の高い部門です

「サービス」の傘下には、Apple Music、Apple News +、Apple TV、そして今後登場するApple Arcadeなど、毎月定期的に支払いを受けるビジネスがいくつかあります

スポンサーリンク

最も興味深い数字は、第3四半期のiPadの売上

最も興味深い数字の1つは、第3四半期のiPadの売上です

これは、同社が驚くべきことに、第2四半期の売上高が前年同期比で22%増加したためです

タブレットの売り上げは業界全体で減少しています

これは、携帯電話の画面が大きくなったことや、携帯電話のように消費者が数年ごとに新しいタブレットを購入しないことが原因の1つです

2つの新しいiPad Proの発売により、目覚しい利益が得られました、昨年末には、Face ID、TrueDepthカメラ、およびエッジツーエッジディスプレイでモデル化されました

IPad mini 2019 00002 z

さらに勢いを増したのは、3月にリリースされた新しいiPad Airと新しいiPad miniです

第2四半期のAppleのiPad売上高は48億7000万ドル、アナリスト予想の42億1,000万ドルを超え、タブレットの成長率は6年間で最高の記録でした

(Via Phone Arena.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)