Apple、2019年にLCPにかわりMPIアンテナ技術を採用

Apple、2019年にLCPにかわりMPIアンテナ技術を採用

2019年後半に発売されるiPhoneには。コストと生産量を改善する LIFベースのアンテナ技術が採用されると予測されています

TF International Internationalのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、「改造されたポリイミド(MPI)がLiquid Crystal Polymer(LCP)を置き換え、2H19の新しいiPhoneモデルの主流のアンテナ技術になると予測する」と述べました

MPI技術への移行のメリットとしては、LCP材料サプライヤーに対する部品調達、より信頼性の高い製造プロセス、基板のロバスト性向上による新しいフレキシブルプリント基板(FPCB)導入の容易性の改善などが挙げられると共に、歩留まり率を向上させることが出来ます

Ming氏は、現在のiPhone XS/XS Max、iPhone XRには6つのLCPアンテナが装備されているが、2019年の新しいiPhoneには4つのMPIアンテナと2つのLCPアンテナを採用する、また 2019 iPhoneモデルの2つのLCPアンテナは、優れた垂直統合機能の日本のサプライヤーだけが出荷すると考えているとも予測しています

スポンサーリンク


アンテナ材質とデザインは複雑で、米国での初期5G設置の依然として変動する要求により、より困難になっています

Kuo氏は、従来のポリイミドアンテナ技術を継続しているローエンドの携帯電話や、5Gへの移行中にMPI素材の変種に移行する可能性があるため、MPIとLCPアンテナは引き続き利用されると述べています

液晶ポリマー(LCP)は、低コストの有機フレキシブル基板であり、アンテナにとって望ましいいくつかの固有の電気的特性を有する。これは、無線周波数範囲全体にわたって一貫して動作し、損失が非常に少なく、mmWave(5Gアプリケーション)に有用であり、熱膨張係数が低く温度全体で安定します

従来の材料と比較して、LCPは、優れた周波数減衰、熱性能、耐湿性などの多くの操作上の利点を提供します

LCPは設計の他の側面でも使用でき、USB 3.2仕様、またはThunderboltテクノロジの反復に採用されます

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)