Androidスイッチャーは、iPhoneの四半期毎の売上高の20%を占めるが低価格のiPhoneを購入傾向

Androidスイッチャーは、iPhoneの四半期毎の売上高の20%を占めるが低価格のiPhoneを購入傾向

Androidからのスイッチャーの傾向

コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ (Consumer Intelligence Research Partners)の、最新の報告書によると

スイッチャーは、既存のiPhone所有者と比較して、2倍でPhone SEを選ぶ傾向がある

同社は、Androidの所有者は、価格が安いことに慣れていて、iPhoneのトップモデルが魅力的に見えない

また、同時にスイッチャーの40%がPlusサイズのiPhoneを選ぶ傾向があります

これは、多くのAndroid搭載端末が少なくとも5インチで、しばしば6インチに近く、場合によってはより大きくなる可能性があります
iPhone 7と8は4.7インチのディスプレイを備えていますが、iPhone 7 Plusと8 Plusは5.5インチです

iPhone Xは5.8インチですが、999ドルから始まり、ほとんどのAndroidベースの製品よりもはるかに高価です

CIRPは、この数字は今年3月に終了する1年間に、米国の2,000人の顧客を対象とした調査に基づいていると述べました

スポンサーリンク


Appleは秋にこれらの事実をを揺るがす可能性があります

同社は3つの新しいiPhoneを出荷予定しており、それぞれ 5.8インチと6.5インチのOLEDモデル、そしてより安価な6.1インチのLCDモデルです

3つ目はスイッチャに直接向けられ、価格・サイズの両方を満たすことができます

Appleは、OLEDとLCDの均等分割を計画するのではなく、より多くのLCDパネルを注文していると、この人気に賭けるかもしれません

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)