iOS 12から、iPhone X Plusの大きさが正確にわかる

iOS 12から、iPhone X Plusの大きさが正確にわかる

Appleは、WWDC2018の基調講演で、新しいハードウェアを発表しませんでした、ちょうどTim Cookがショーの始めに約束したのと同じです
新しいMacや第2世代のiPhone SE、安価なHomePodは発表されませんでした、これは、これらのデバイスのいくつかがAppleの次回の基調講演を待つ必要があることを意味します

iPhoneの記者会見が行われる9月中旬まで、これ以上イベントを開催する予定はありません、しかし、今年来る「iPhone X Plus」についての最も重要な質問の1つに答えるために、9月まで待つ必要はありません

様々な報告によると、今年発売予定のiPhone X Plusは6.5インチのOLEDスクリーンを搭載し、iPhone 8 Plusと同程度の大きさになると主張しています
もちろん、iPhone Xのサイズが4.7インチのiPhoneとほぼ同じであることを考慮すると、Appleはこれを行うと予想しています

Appleは今秋、3つの新しいiPhone Xの後継製品を店頭に置くことになるが、iPhone X Plusが存在することをAppleとWWDCイベントに先立つiOS 12のテストからどのように知るのか

BGRは、2月下旬から5月下旬にかけてiOS 12を実行しているデバイスから数百回の訪問を受けました

そのうちのいくつかがiOS 12デバイスを偽装していたとしても、AppleからのチェックインとしてiPhonesやiPadsとしてすぐに識別できるデバイスからの訪問はまだまだたくさんあります

画面解像度だけで見ると、iPhone X、iPhone 8/7 / 6sPlus / 6s / 6Plus / 6、iPhone 8Plus / 7Plus、12.9インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPhone SE、そしてiPhone X Plus

スポンサーリンク

解像度は1242 x 2688 か?

Appleのデベロッパードキュメントからみると
IPhone X Plus Pixel 002
iPhone 8 PlusとiPhone 7 Plusの414 x 736ポイントの解像度(1080 x 1920ピクセル)を見ることができます、これは従来のすべてのPlusモデルと比較して改善点です
iPhone 6s PlusとiPhone 6 Plusは、最新の携帯電話と同じフルHD体験を提供しますが、通常のモデルと同じ解像度、375 x 667ポイントの解像度で機能します

iPhone 8 Plusと7 Plusの幅(414)と一致しますが、高さはiPhone X Plusの場合は896、その他の場合は736です

同様に、iPhone Xの幅はiPhone 8と同じですが、それは異なる高さです。サイズの増加を説明するのに役立つアップルのグラフィックがもう一つあります
IPhone X Plus Pixel 003 z
同じことが明らかにiPhone X Plusに起こります。ディスプレイはPixelで最新のPlusモデルの幅を保持しますが、高さは増加します
iPhone Xのアスペクト比は2.165(812を375で割ったもの)です。そして、414 x 896ポイントの解像度が正確であれば、iPhone X Plusのアスペクト比は同じになります

AppleはiPhone X Plusの414 x 896解像度をどのように拡大するのか?iPhone Xと同じソリューションを使用している場合は、実際の解像度を調べるためにその数を3倍にする必要があります

Appleは1242 x 2688を見ています、現在までのPlusモデルでは、およそ1080 x 2336を見ています
IPhone X Plus Pixel 004 z
この414 x 896デバイスについても興味深いのは、5月にBGRを2回訪れたことだけです

これはiPhone X Plusのプロトタイプを見ていることを示しています、それ以前に試作されたプロトタイプはおそらくなかったため、以前の訪問はありませんでした

(Via BGR.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)