Apple、2018年のiPhoneのラインナップを描く回路図とレンダリング

Apple、2018年のiPhoneのラインナップを描く回路図とレンダリング

3つのiPhone

ロシアのサイトWylsa.comは、Appleが2018年秋のラインナップのために3つのiPhoneを開発しているという噂の、デバイスのデザインとサイズの違いを示す模擬図とレンダリングを公開しています

このサイトには、デュアルレンズカメラを搭載すると噂されている6.5インチOLED「iPhone X Plus」とLCDディスプレイを搭載した低価格の6.1インチiPhone用の2つの回路図があります

低コストを維持するための一つのレンズのカメラ
2018 iPhone Rendering 001 z

ケースメーカーの模式図によると、iPhoneのサイズは、幅77.41mm、高さ157.53mm、厚さ7.68mmという大きなものがあります、6.1インチのiPhoneは、幅75.72mm、高さ150.91mm、厚さ8.32mmで測定されます
2018 iPhone Rendering 002 z

第2世代の5.8インチOLED iPhone用の回路図はありません、おそらく現在のiPhone Xと同じ寸法を持ち続けるからだと思われます
比較のため、既存の5.8インチのiPhone寸法は幅70.9mm、高さ143.6mm、厚さ7.7mmです

スポンサーリンク


3つのiPhoneの違いがわかるように、回路図に基づいていくつかのレンダリングが作成されています
2018 iPhone Rendering 003 z
これらのレンダリングは、これまで聞いたことのある噂のある機能を正しく描写しています、3つのiPhoneにはすべてFace ID用のノッチとTrueDepthカメラシステムを搭載したエッジトゥエッジディスプレイが搭載されているため、AppleはTouch ID指紋センサーをiPhoneのラインアップから完全になくします
2018 iPhone Rendering 004 z
Appleのフラッグシップ機となる第2世代のiPhone XとiPhone X Plusは、OLEDスクリーンとデュアルレンズカメラシステムを備え、中型デバイスは単レンズカメラとLCDディスプレイを備えてコストを抑えると噂され、このデバイスの価格は、700ドルから800ドルになる可能性があり、OLEDデバイスの1,000ドルの価格よりも低いです

6.1インチの低価格のiPhoneはOLEDディスプレイ技術を採用しないが、おそらくMLCD +ディスプレイ技術と新しいカバーガラスセンサーを使用して、平均より優れたLCDを搭載する可能性があるという噂があります

旧KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、新技術への転換は3Dタッチが含まれないことを予測していましたが、Appleが別の方法でそれを実装するかどうかはまだ分かっていません
2018 iPhone Rendering 005 z
(Source Wylsa.com , Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)