スポンサーリンク

Safari 11のインテリジェント追跡防止機能で広告会社が数億ドルの損失に

スポンサーリンク

Safari 11のインテリジェント追跡防止機能で広告会社が数億ドルの損失に

インテリジェント追跡防止機能

「theguardian」は、インターネット広告会社が、AppleのmacOS High SierraとiOS 11でWebブラウザ「Safari 11」に導入された Intelligent Tracking Prevention(インテリジェント追跡防止機能)で数億ドルの損失を被っていると述べています

世界のブラウザ市場の15%を占めるSafariのIntelligent Tracking Prevention(ITP)機能は、ITP導入前と比較し2018年の収益を5分の1に削減する見込みとの予測が発表されました

Interactive Advertising BureauのDennis Buchheim氏は、次のように語っています

Apple社のSafariによる追跡の変化から、さまざまな企業が同様のマイナスの影響を受けると予想している、さらにAppleはITPを維持し、時間がたつにつれて進化すると予想しています

スポンサードリンク


インテリジェント追跡防止機能は、iOS 11とmacOS High Sierra 10.13の「Safari 11」に導入されどちらも9月にリリースされました

インテリジェント追跡防止機能は、企業がWebサイト間で顧客のWebブラウジングの習慣を侵略的に追跡するのを防ぐためのもので、インテリジェントトラッキング防止機能は広告をブロックしません
ウェブサイトが許可なくユーザーのブラウジング習慣を追跡できないようにします

6つの広告貿易機関が署名した公開書簡は、2つの新しいOSが登場した直後に、広告グループはAppleに「インターネットの経済モデルを妨害する」と主張し、クロスサイトトラッキングを阻止するという立場とその決定の「再考」を呼びかけました

Appleのクロスサイト・トラッキング防止は「消費者の選択にとって悪い」ため、集団デジタル広告コミュニティは「深く心配している」と語り、また「このような方法でクッキーをブロックすることは、ブランドとその顧客の間のくさびを打ち込み、より一般的でタイムリーかつ有用性の低い広告になるだろう」と、この手紙で述べています

それに応えて、Appleはクロスサイトトラッキングを擁護し、顧客に「プライバシーの権利がある」と述べました

広告追跡技術は非常に普及しており、広告追跡会社は人のWeb閲覧履歴の大部分を再現することができます。この情報は無断で収集され、広告の再ターゲティングに使用されます


新しいインテリジェントなトラッキング防止機能は、このクロスサイトトラッキングに使用されるCookieやその他のデータを検出して排除するため、個人のブラウジングを維持することができます

当初は、多くの広告主は、ITPによって制定された制限のいくつかについて技術的な回避策を見つけたと信じていました

しかし12月、AppleはiOS 11.2のアップデートの一部としてモバイルデバイスでその回避策を閉鎖しました

しかし広告会社はあきらめておらず、Appleのユーザー、出版社、広告主の利益を守り、クラス最高のユーザープライバシー基準に基づいて長期的に代替可能なソリューションを開発することに注力しています

(Via theguardian.)

インテリジェント追跡防止機能の設定方法

  • iOS 11の場合
  • 「設定」>「Safari」の「プライバシーとセキュリティ」で設定できます

  • macOS High Sierraの場合
  • Safariの「環境設定…」>「プライバシー」タブの「Webサイトによるトラッキング」で設定できます



では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサーリンク




【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK