スポンサードリンク

macOS High Sierraの新機能「コンテンツキャッシュ」とは?その設定方法

スポンサードリンク

macOS High Sierraの新機能「コンテンツキャッシュ」とは?その設定方法

これまで、macOS Serverの機能でしたがmacOS High Sierraの新機能として利用できるようになっています

コンテンツキャッシュとは?

Appleによると

ローカルの Mac コンピュータ、iOS デバイス、および Apple TV デバイスですでにダウンロードしたコンテンツを保存することで、Apple が配布しているソフトウェア、およびユーザが iCloud に格納しているデータのダウンロードを高速化します。 保存されるコンテンツは Mac のコンテンツキャッシュに格納され、ほかのデバイスはインターネットに接続されていない場合でも取得できます

仕組みはどうなっているのか?

Mac でコンテンツキャッシュを有効にすると、その Mac には、ローカルネットワークで接続されているデバイス(クライアント)がダウンロードするすべてのコンテンツのコピーが保持されます

たとえば、ネットワーク上の最初のクライアントが macOS アップデートをダウンロードすると、コンテンツキャッシュによりそのアップデートのコピーが保持されます。ネットワーク上の次のクライアントが App Store に接続してそのアップデートをダウンロードするとき、アップデートは App Store からではなく、コンテンツキャッシュからコピーされます。


通常、ローカルネットワークはインターネットよりはるかに高速なので、2 番目のクライアント(およびそれ以降のすべてのクライアント)がアップデートをダウンロードする時間は大幅に短縮されます

ContentsCash1016 008

スポンサードリンク

コンテンツキャッシュを設定する前に

  • すべての iOS デバイスに iOS 10.3 以降をインストールしておく
  • Mac を Ethernet 経由でインターネットに接続しておく
  • システム環境設定の「共有」パネルの「コンテンツキャッシュ」で「インターネット接続を共有」を有効にする
  • ContentsCash1016 001a

  • Mac を電源に接続しておく。テザリングキャッシュサービスを使うと、Mac がスリープ状態にならなくなります

コンテンツキャッシュサービスを設定すると、コンテンツはいったん Mac にダウンロードされてキャッシュされたのち、USB で接続された各 iOS デバイスに配信され、インストールされます

続いて「コンテンツキャッシュ」の設定です ⇒


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク