Apple、Retinaディスプレイを採用したエントリーレベルの「MacBook」を6月のWWDCで発表か

Apple、Retinaディスプレイを採用したエントリーレベルの「MacBook」を6月のWWDCで発表か

Digitimes Researchによると、Appleは第2四半期末に新しいエントリーレベルのMacBookをリリースする予定で、価格は既存のMacBook Airと同程度か、やや高いと予想されている

Digitimes ResearchのシニアアナリストJim Hsiao氏は、新MacBookの出荷台数が2018年には約400万台に達すると予測しています

Hsiao氏は、元々、中国のメーカーからの新しいMacBookのパネル供給を求めることでAppleがコストを削減しようとしていたと指摘したが、米国のベンダーは、中国のサプライヤーでの問題のために韓国LG Displayからパネルを調達することを決定しました

スポンサーリンク


新しいノートブック用の13.3インチのアモルファスシリコンパネルは、Appleの13.3インチMacBook Proと同じ解像度を2,560 x 1,600で提供しています

LG Displayは4月にパネルの供給を開始し、新型MacBookは5月末または6月初旬に量産投入を予定しています、組立に関しては、Quanta Computerが受注の70%、Foxconn Electronicsが30%取得しています

(Via Digitimes.)


今月初めに「Apple、2018年第2四半期に低価格のMacBook Airを計画か」でお伝えしたように

KGI証券のMing-Chi Kuo氏が報告していたのは低価格のプライスMacBook Airでした、また6月のWWDCと言うことも同様に報告されていたので同じMacBookのことの可能性が大きいと思われます

USB-C / Thunderbolt 3の採用は、最近のAppleの流れからはあるものと思われますが・・・


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)