スポンサードリンク

【Mac】「Safari」と「Google Chrome」でビデオの自動再生を無効にする方法

スポンサードリンク

【Mac】「Safari」と「Google Chrome」でビデオの自動再生を無効にする方法

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

ビデオの自動再生

サイトに行くと自動的にビデオを再生するウェブページに出くわすことがあります

これは、ビデオを見る前にバックグラウンドで読み込むことができるので、ある意味は便利ですが一部のウェブサイトでは、この機能を利用して自動的に再生されるビデオ広告を表示します、ページのどこかに隠されたビデオが再生され始め鬱陶しい場合があります

「Safar」iと「Google Chrome」はウェブサイトで自動的にビデオを再生できますが、この自動再生を無効にすることはメニューや設定から簡単に無効にはできません


スポンサードリンク



Safari の場合

  1. Safariが開いている場合は終了します
  2. メニューバーの「Spotlight」のアイコンをクリックし「ターミナル」と入力します
  3. VideoSafari 001a

  4. 「ターミナル」をクリックします
  5. VideoSafari 002

  6. ターミナルが起動したら『defaults write com.apple.Safari IncludeInternalDebugMenu 1 』のコマンドを入力し「return」キーを押します
  7. VideoSafari 003

  8. 「Safari」を起動します
  9. メニューの右端に「Debag」メニューが追加されています
  10. VideoSafari 004a

  11. 「Debag」>「Media Flags」から「Disallow Inline Video」を選択します
  12. VideoSafari 005

「Debag」メニューを隠したい場合は、ターミナルで『defaults write com.apple.Safari IncludeInternalDebugMenu 0』のコマンドを入力します

Google Chrome の場合

  1. Google Chromeを起動します
  2. 拡張機能をインストールするために、このページにアクセスします
  3. 「ADD TO CHROME」をクリックします
  4. VideoSafari 006a

  5. 「拡張機能を追加」をクリックします
  6. VideoSafari 007

  7. 次のように表示されインストールが完了しました
  8. VideoSafari 008

  9. 新規タブを開いた場合は赤いアイコンをクリックします
  10. VideoSafari 011a

  11. 「Disable nothing」を選択します
  12. VideoSafari 010

(Via iDrop News.)


今秋リリース予定の「macOS High Sierra」の「Safari 11」では簡単に無効にすることができるようになっています


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク