【Mac】アプリケーション「写真(Photos).app」を使うために(その1 iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い)

【Mac】アプリケーション「写真(Photos).app」を使うために(その1 iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い)

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

アプリケーション「写真(Photos).app」を使うために

先日から『【Mac】機能拡張アプリで一気に充実してきた「写真.app」の編集機能が劇的にアップ』その1・その2・その3で投稿したように編集機能が充実してきたのと、iPhotoとApertureのサポートが打ち切られたことで本格的に乗り換えを考えておくほうが良いかと思い、今一度「写真(Photos).app」のことを確認しようと思い備忘録として・・・

そのためにも似たような「iCloudフォトライブラリ」と「マイフォトストリーム」の違いをはっきり把握しておく必要が在ります



iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い





































通常 iCloudフォトライブラリをオン iCloudフォトライブラリをオフ
写真の保存先 カメラロール すべての写真 マイフォトストリーム
iCloudバックアップ バックアップ対象 バックアップ非対象 バックアップ対象
保存ストレージ 本体 iCloudストレージ 本体
保存可能容量 デバイスの容量に依存 iCloudストレージの容量に依存 1,000枚
保存期間 制限なし 制限なし 30日間
並び順 撮影日時順 アップロード順 撮影日時順



私の設定



私の環境は、

  • Macがメインの「iMac 27inch」とノートが「MacBook Pro Retina 15inch」

  • 「iCloudフォトライブラリ」:オン、「マイフォトストリーム」:オン

  • iPhoneが「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s Plus」「iPhone 6s」

  • 「iCloudフォトライブラリ:オフ、「マイフォトストリーム」:オン

  • iPadが「iPad Air」と「iPad mini」

  • 「iCloudフォトライブラリ」:オン、「マイフォトストリームにアップロード」:オン



何故この設定なのか?

  • flickrで「PRO」契約をしていて容量が無制限

  • flickrでは、1ファイルの制限がないので一眼レフもフルサイズでアップロード

  • iPhone 6s Plusでの撮影が殆どで128GBなので容量の余裕がある

  • 「写真.app」に取り込んでいるので二台のMacに保存されている

  • 二台のMac共にTime Macheでバックアップを取っている

  • 「写真.app」のすべてが自動的にflickeへアップロードされている

  • 一眼レフの写真は、RAIDを組んでバックアップ、別HDDにもバックアップ

  • 一眼レフの写真は「Aperture」「DxO Optics Pro」「Lightroom」を使用



これからの事を考えて

写真の管理として使っている「Aperture」のサポートがなくなっているので、いつまで使う事が出来るか不透明です、次のOS Xで利用できなくなっても不思議ではありません

「写真(Photos).app」が機能拡張で「DxO Optics Pro」のRAW現像エンジンが使えるようになった事も考えて、実際にApertureの様に使えるのか、これから色々と確認してみたいと思います


「写真(Photos).app」に関する投稿





DxO OpticsPro for Photos
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン
価格: ¥1,200


リリース日: 2015/12/18
サイズ: 43.6 MB
ユニバーサル対応:
バージョン: 1.0
販売元: DxO Labs

ss1 ss2

価格は記事投稿時の価格です、ご購入の際は Mac App Store で最新価格 をご確認の上、くれぐれも「自己責任」でお願いします。







ご案内

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)