スポンサードリンク

【Mac/iOS】iWork(Pages / Numbers / Keynote)バージョンアップでの新機能詳細(その4. Keynoteの新機能)

スポンサードリンク

【Mac/iOS】iWork(Pages / Numbers / Keynote)バージョンアップでの新機能詳細(その4. Keynoteの新機能)

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

iWork



2017年3月27日にMac版「Pages 6.1」「Numbers 4.1」「Keynote 7.1」、iOS版「Pages 3.1」「Numbers 3.1」「Keynote 3.1」に夫々アップデートされました

今回のアップデートでは、ワードプロセッサ「Pages(Mac / iOS)」・スプレッドシート「Numbers(Mac / iOS)」・プレゼンテーションツール「Keynote(Mac / iOS)」に全て共通の新機能と三つのアプリケーション固有の新機能の追加がありました

IWork

新機能を、共通の新機能とアプリ固有の新機能に別けて紹介したいと思います

スポンサードリンク



Keynoteの新機能


Mac


  • 新しいオブジェクトリストを使って、複雑なスライドでもオブジェクトを簡単に選択、編集、整理
  • 暗い場所でプレゼンテーションをするときに発表者ノートを読みやすくする、ノートを黒い背景にする新しい表示オプション
  • プレゼンテーション全体でフォントを簡単に置き換え
  • 円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
  • Touch Barを搭載した新しいMacBook Proで、パスワード保護されたプレゼンテーションをTouch IDですばやく開く
  • 株価や通貨に関する新しい関数を使って、表内の株式データを最新の状態に維持
  • Medium、WordPress、その他のWebサイトにインタラクティブなプレゼンテーションを投稿
  • Keynote 1.0のプレゼンテーションを読み込み
  • 言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ


iOS


  • スライドマスターを変更、スライドの背景をカスタマイズ
  • 現在のスライド、発表者ノート、タイマーを1つの画面に表示して、プレゼンテーションをリハーサル
  • パスワード保護されたプレゼンテーションをTouch IDですばやく開く
  • テキストを上付きまたは下付きにフォーマット、リガチャを使用、テキストの背景色を変更
  • プレゼンテーション内の見つからないフォントを簡単に置き換え
  • 円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
  • Keynote 1のプレゼンテーションを読み込み
  • Medium、WordPress、その他のWebサイトにインタラクティブなプレゼンテーションを投稿
  • 言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ


新しいオブジェクトリストを使って、複雑なスライドでもオブジェクトを簡単に選択、編集、整理


  • メニューの「表示」から「オブジェクトリストを表示(「⇧」+「command(⌘)」+「L」)」を選択します
  • KeynoteNew0402 003

  • 「オブジェクトリスト」が表示されます
  • KeynoteNew0402 002

  • 下部のフィルターボタンをクリックします
  • KeynoteNew0402 004

  • プレゼンテーションのための複雑なオブジェクトをフィルタリングすることで編集しやすくなります
  • KeynoteNew0402 007



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク