スポンサードリンク

Appleは、「iPhone X」のおかげで世界的な市場シェアでSamsungを追い抜く

スポンサードリンク

Appleは、「iPhone X」のおかげで世界的な市場シェアでSamsungを追い抜く

TrendForceの最新のスマートフォン市場の最新分析では、年末の忙しい時期の影響で売上高が再び拡大していることが分かりました

2017年の第3四半期の世界的なスマートフォンの生産台数は3億8,400万台で、前年同期比6%増となり、中国のブランドは、ともに20%の成長率を達成しました
生産量ランキングでは、Samsung、Apple、Huawei、OPPO、Vivoは、第3四半期もトップ5に入ったが、Xiaomiは6位でした

この第4四半期において、TrendForceは、世界的なスマートフォンの生産量が2017年にピークを迎え、前年比6.3%増の4億2,500万ドルとなると予測しています。 さらに、2017年の世界全体の総計は現在、14億6,000万台と推定されています

Trendforce 001

Samsungの生産台数は今年第3四半期にピークを迎え、第4四半期には「iPhone X」との競争のために落ちることが予想される

スポンサードリンク


様々なブランドの市場パフォーマンスの面では、Samsungは中国でいくつかの挫折を経験しており、その市場におけるブランドのシェアは今年下がっています

それにもかかわらず、Samsungは、ローエンドからミッドレンジ、ハイエンドまでのすべての市場セグメントをカバーする包括的なスマートフォンラインナップを備えています
さらに、同社は世界中の販売チャネルの幅広く深いネットワークを確立しています。したがって、Samsungは四半期ごとに平均して7500万~800万台を生産することができます

Appleは第2四半期と比較して第3四半期にわずか3%のiPhone生産量を前倒ししました
全体として、「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」は、第3四半期にAppleの生産を持続させました、期待されていた「iPhone X」については、主要コンポーネント(Wi-Fiモジュールや3D検出モジュールなど)の歩留まり率が予想を下回っており、デバイスの生産が遅れています

「iPhone X」のサポートが限られているため、Aooleは総量を大幅に上げることができませんでした

一方、TrendForceは、第4四半期のiPhoneの生産台数は、iPhone Xが合計で8100万台に達し、全体の33%を占めると推定しています
TrendForceは、iPhone Xの生産が2018年前半まで続くと予測しています

TrendForceは、2017年第4四半期の世界生産台数に関しては、最新のiPhoneデバイスの販売が好調なため、第3四半期の合計から10.5%の成長を見込んでいます

2018年を目途に、世界のスマートフォン市場は徐々に飽和に近づくでしょう、TrendForceは部品コストの上昇をコントロールし、海外のチャネルを拡大する能力は、各ブランドのパフォーマンスに影響を与える重要な要因であると考えています

(Via TrendForce.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

(最終更新:2017/11/13)コメント0496 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク