スポンサードリンク

【Mac/iOS】Google、ブラウザ「Chrome」の将来のバージョンにAd-Blockerを準備

スポンサードリンク

【Mac/iOS】Google、ブラウザ「Chrome」の将来のバージョンにAd-Blockerを準備

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

広告ブロック機能



Alphabet Inc.のGoogleは、人気のあるChromeウェブブラウザのiOSやAndroidなどのモバイル版とMacやWindowsなどのデスクトップ版に広告ブロック機能を導入する予定だと言います

この機能は、Chromeでデフォルトで有効にすることができ、業界団体である「より良い広告のための連携」で定義されているように、ウェブ上のユーザーエクスペリエンスが低下する特定のオンライン広告タイプを除外するように設計されています

より良い広告連合(Coalition for Better Ads)の基準によると、ポップアップ、オーディオ付き自動再生広告、カウントダウンタイマー付き広告などの広告フォーマットは「消費者の受容性のしきい値の下」に該当するため、あらゆるブロッカーのターゲットになる可能性があります
CmBlocker 001
CmBlocker 002


スポンサードリンク




Googleはこの機能を数週間で発表することができたが、何も確認されていないので計画が最後に廃止された可能性もある

Googleが検討している可能性のある1つのアプリケーションでは、違反している広告自体ではなく、違法な広告が掲載されているサイトに表示されるすべての広告をブロックすることがあります

つまり、サイトの所有者は、すべての広告が基準を満たしていることを確認する必要があります
また、Chromeでブロックされたサイト全体の広告をすべて表示することもできます

Googleがオンライン広告収入に依存していることを考えると、広告をブロックするステップは驚きのように思えるかもしれないが、この動きは防御的なものだと言います

近年、オンライン広告ブロッキングツールの普及が急速に進んでおり、米国ユーザーの26%がデスクトップデバイスでこのソフトウェアを採用しているという見通しもあります

独自の広告フィルタをオンにすることで、Googleは第三者企業が提供するブロックツールのさらなる普及を期待しており、広告のフィルタを通過させる代わりに料金を徴収していると言います

Googleは、人気のある広告ブロックツールAdblock Plusを開発している、例えば、ソフトウェア会社Eyeo GmbHが提供する「受け入れ可能な広告」プログラムの一部として、すでに支払いを行っています
その結果、Googleの検索エンジンと他の広告の広告は、Adblock Plusのフィルタを通過することが許可されます

しかし、広告ブロッキングの継続的な成長は、2016年にオンライン広告から600億ドル以上の収益を生み出したGoogleにとっては心配な傾向です

業界のオブザーバーらによると、Chromeブラウザは現在、世界規模でウェブブラウジングの大部分を占めているため、広告フィルタをオンにするとGoogleが広告ブロック状況をより詳細に制御できるようになるといいます

米国では、Chromeは全プラットフォームでブラウザ市場の47.5%近くを占めていると、オンラインアナリストのStatCounter氏は述べています

画像元:mac generation
(Via THE WALL ATREET JOURNAL. mac generation.)



Googleは、これによって最近急速に普及しているサードパーティの広告ブロック機能の成長を止めたいと考えていても不思議ではありません

AppleのSafariにはデフォルトでは広告ブロック機能はありませんが、iOSではApp Storeでブロック機能のアプリをインストールすることで、Macでは拡張機能をインストールすることで広告をブロックすることが可能となっています


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク