Apple Payがモバイル決済でGoogleに勝ち続ける理由

スポンサードリンク

Apple Payがモバイル決済でGoogleに勝ち続ける理由

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

スマートフォン市場は、GoogleのAndroid によって支配されている



「The Motley Fool」でDanny Vena氏は以下のように述べています

直近の四半期では、Alphabet, Inc (NASDAQ:GOOGL)は世界のモバイルオペレーティングシステム市場の80%以上を支配しています

同社が大量にインストールされたデバイスの基盤をモバイル決済の分野で指導的に活用することができると思うとでしょうが、実際はそう上手くいきません


Appleはモバイル決済の分野でリーダーとして浮上しています

「アップル・ペイがかなりの数の加盟店で受け入れられているように見えるため、アップルがこの分野で主導している理由は間違いない」

Apple Inc. (nasdaq: aapl) が2014年にApple Payを開始したとき、支払いサービスは visa、マスターカード、およびアメリカンエキスプレス (米国でのクレジットカードの購入の 83% を占めています) によってサポートされ、22万の対象加盟店で受け入れられたと発表ました

当時の批判の一つは、一見大きい数字に見えますが米国のクレジットカードを受け入れた約800万人の対象加盟店の約2.4%にすぎないということでした、なぜならAppleは画期的なNFCアンテナ技術を宣伝しましたが、大半の対象加盟店はこの技術で動作するPOSシステムを持っていませんでした

しかし、こうした早期の批判から謙虚になり、Appleはモバイル決済分野のリーダーとして浮上してきました


スポンサードリンク




ApplePay50 002

Apple Payの取引量は500%



直近の電話会議で、AppleはApple Payユーザーの数が昨年より3倍以上増加し、その取引量は前年比で500%増加したと明らかにしました

サービスは4つの新しい国で合計13のサービスを展開しました、Appleは、採用が遅れている中で、米国の全小売店舗の約 35% に当たる400万の店舗は、現在Apple payを受け入れることを認めています

Appleは各取引を集めているので、最終的には会社にとって重要な継続的な収益源となる可能性があります

Statistaの最近の報告では、米国の小売業者の約36%がApple Payを受け入れています、GoogleはAndroid Payで約24%の2位、SamsungのSamsung Payは約18%で3位です

はるかに多くの加盟店でのApple Payの受諾は功を奏しているようで、アップルがこの分野で主導している理由です

毎月のApple Payでの支払取引は 50%増加



一回限りの支払いが成長を助けますが、定期的に使用することが重要な推進要因になります

消費者分析会社のTXN Solutionsは、300万件以上の支払いから取引をレビューし、2015年12月から2016年12月まで、毎月のApple Pay取引が50%増加したと報告しています

市場調査会社eMarketer社が明らかにしたところによると、スマートフォンユーザーの20%未満が過去6ヶ月間に、モバイルデバイスを使用して支払っていて、それは2020年までに 33% に成長すると予想される

徐々に人気が高まっているモバイル決済



スマートフォンの普及に伴い、多くの企業ではモバイル決済が急速に普及すると予想されていましたが、現時点では実現が遅れています、それは個人データのセキュリティに関する懸念や詐欺の可能性を含む多くの要因が、消費者による採用の遅れになっています

それでもStatistaは、モバイル決済取引が2021年までに年間52%増の8,660億ドルになると予想しています

アクセンチュアコンサルティングによる2016年北米消費者向けデジタルペイメント調査(18歳から34歳)では、消費者の56%がモバイル決済の技術を認識しており、今後数年間にそれを使用する予定です

大量の裕福な人(税金の後に10万ドル以上の年間所得を持つ消費者)は、デジタルペイメントの変化を先駆けて考えており、これらのグループの35%が電話でオンライン決済をします

この裕福なグループでAppleは最も愛されているブランドの一つです

最も最近の電話会議でCEOのティム・クック氏は、同社の目標は、2020年の終わりまでにApple Payからの収益を倍増すると述べています

(Via The Motley Fool.)



我が国でも、コンビニや一部のスーパーを除いてApple Payが利用できる店舗が現状では殆どありません

しかしながら、2020年の東京オリンピックで海外の観光客が多く来日することが予想されますので、それに合わせてどれだけNFCに対応したシステムを導入するかにかかっているのではないでようか?


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK