「BeatsXイヤフォン」が届いたので、開封から設定まで

スポンサードリンク

「BeatsXイヤフォン」が届いたので、開封から設定まで

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

「BeatsXイヤフォン」開封の儀



「BeatsXイヤフォン」が、当初の予定よりも一日早く届きました

パッケージを開けると一番上に「BeatsXイヤフォン」、その下にイヤーパッドとイヤーフックです
BeatsX2012 002
イヤーパッドとイヤーフックを裏返すと、ケースと充電用のLighteningケーブルです
BeatsX2012 003

イヤーパッドとケースの間に説明書やApple Musicのプロモーションコードが記載されたカードが入っています
BeatsX2012 004

持ち運びは「BeatsXイヤフォン」「Lighteningケーブル」をケースに入れてと言うことになります
BeatsX2012 005


スポンサードリンク




「BeatsXイヤフォン」には専用の「イヤーフック」が2セット同梱されています
本体を差し込む所は固いプラスチックのようですが、フック部分はウレタンになっています
BeatsX2012 008

これまで使っていたPowebeatsのイヤーフックは耳なかけるようになっていたのですが、ジョギングの時にサングラスをすると耳の所で大変収まりが悪かったのですが、今回のフックでは気にならない仕様になっています

ただ、ケースはPowebeatsと比較するとコストカットの影響かしょぼくなっています

BeatsX2012 017

「AirPods」と「BeatsX」
BeatsX2012 006


スポンサードリンク

関連記事



【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK