スポンサードリンク

Apple、他のアプリで広告をブロックするVPNベースの広告ブロッカー、「AdBlock」の更新を拒否

スポンサードリンク

Apple、他のアプリで広告をブロックするVPNベースの広告ブロッカー、「AdBlock」の更新を拒否

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Appleは、サードパーティのアプリで広告をブロックするVPNベースの広告ブロッカーをApp Storeから削除し始めたようだ

Future MindのCTOであるKoperskiが、VPNベースの広告ブロックアプリであるiOS向けAdBlockのアップデートを送信すると拒否されました

App Review Boardにアピールすると、Koperskiは、Apple StoreでVPN /ルート証明書ベースの広告ブロッカーを許可しなくなり、今後これらの技術を使用する既存の広告ブロッカーの更新を受け入れないと言われました

同社は、AdBlockアプリがApp Storeガイドラインのセクション4.2.1に違反していることを強調しました
これは、アプリケーションが意図した用途以外の目的でAPIやフレームワークを使用できないようにしています

AppleはまたKoperskiに、彼の「アプリはVPNプロファイルまたはルート証明書を使用して、サードパーティのアプリケーションで広告やその他のコンテンツをブロックするが、これはApp Storeでは許可されていない」と語った

Adblock 001

スポンサードリンク




Appleは、iOS 9で初めて導入されたSafariの広告ブロッカーだけがApp Storeにも提供されることを明らかにした
AppleはKoperskiに、Safariのコンテンツをブロックするために彼のアプリの動作を変更することを勧めました、しかしCTOは、そのような動きがアプリの既存のユーザーとうまくいくかどうかは不明です

AdBlockは5年以上App Storeで販売されており、アップルがその機能に異議を唱えたのは初めてのことです、アプリはVPN技術を使用してサードパーティのアプリ内のすべての広告をブロックします

App Storeには現在のところ数多くの同様の広告ブロックアプリがあり、最近は6月に更新されたアプリもあります
何年も後にAppleがそのポリシーを変えた理由は明らかではありませんが、Apple Newsのようなネイティブアプリを含む多くのアプリは、収益化の方法として広告を特徴としています

AdBlockについては、ユーザーに完全なVPNサービスを提供するか、Safariのコンテンツブロックプラグインにするか、アプリをそのままにするかのいずれかを検討しています

Appleは最近、App Storeのガイドラインに従うことが非常に厳しくなっています。ここ数カ月間に数十万のクローンや品質の低いアプリがApp Storeから削除されました

(Via MacRumors.)


現在、「AdBlock」は削除はされず販売されています


AdBlock
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥240


リリース日: 2014/03/16
サイズ: 20.8 MB
ユニバーサル対応: iPhone/iPadの両方に対応
バージョン: 3.0.0
販売元: Future Mind, Sp. z o.o.

ss1 ss2



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

(最終更新:2017/07/16)コメント0900 PV
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク