スポンサーリンク

iFixitはiOS 11.3のタッチスクリーンの問題は意図的ではなく、単にソフトウェアのバグだと推測

スポンサーリンク

iFixitはiOS 11.3のタッチスクリーンの問題は意図的ではなく、単にソフトウェアのバグだと推測

サードパーティ製の画面で修復されたiPhoneでTouch ディスプレイを無効にすると言う問題が出始めました、アフターマーケットのバッテリーをサポートしていない新しいバッテリー・ヘルス機能や、iPhone 8、iPhone 8、iPhone Xでの自動明るさとトーン・トーンの不具合など、他の問題も浮上しています

しかし、iFixitは、今日、これらの問題は、第三者の修理を妨害するためAppleの意図的な行為ではなく、主にソフトウェアの修正であると推測しています

このような問題が発生するたびに、Appleは意図的に第三者の店で修理されたデバイスを無効にしようとしているとの結論になります、2年前、エラー53のバグはiPhoneユーザーにサードパーティのホームボタンで悩ませました、昨年同様にタッチスクリーンの問題がiPhone 7ユーザーに影響しました

これらの両方の場合、アップルはソフトウェアの更新をリリースして、壊れた機能を復元しました

iFixitによると、iOS 11.3の問題は何か異なっているとは思えないと言います

スポンサーリンク


まず第一に、iFixitによれば、バッテリの健康に関する問題が確認され、すぐにその機能を利用できるアフターマーケットバッテリを提供できるようになると言われていますが、ソフトウェアのアップデートによって既存のバッテリにその機能が追加されるかどうかは不明です

タッチスクリーンの問題に関しては、iFixitによれば、新しいディスプレイで修正されているファームウェアフラッシュで古いバージョンのディスプレイで遡及修正することもできます

また、iFixitによれば、自動輝度とトーントーンの問題はより微妙ですが、起動時に何らかのハードウェアチェックが失敗するようだと言います

Appleは、これらのようなケースでサードパーティの部品を無効にする理由はほとんどありませんが、アフターマーケットバッテリーに注意したいと考えています

理由として理にかなっていると思われるのは、アップデートをリリースする前にすべてのアフターマーケットパーツをテストすることができないということです

つまり、問題を追跡できるようになるまで、機能がユーザーにとって無効になったままの可能性があります

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!

関連記事

スポンサーリンク




【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK