【iPhone】ポートレートモードエフェクトカメラ「Focos」がバージョンアップでオリジナルのプリセットの作成が可能に

【iPhone】ポートレートモードエフェクトカメラ「Focos」がバージョンアップでオリジナルのプリセットの作成が可能に

Focos

シャッター音をミュート出来る、ポートレートモードエフェクトカメラ「Focos」がバージョンアップで、オリジナルのプリセットの作成や暗いところでポートレートモードの写真を撮るときに役立トーチライトなどが追加されています

バージョン 1.2の新機能

  • 複数の絞込み設定を使用することで、自分のオリジナルのプリセットを作成
  • インターフェイスのレイアウトを一新
  • ティルトシフトを深度フィルターに追加で、絞りを広げたときにフォーカスの平面をさらに細かく制御
  • PEG、HEIC、TIFFなど複数のエクスポート形式を選択出来る
  • Bluetoothを使用してリモート写真を撮影できる
  • 言語は自動で簡単に設定
  • 低照度で撮影するためのトーチライトが追加
  • 新しいトリミング比率に、2.35:1が追加

Focou 005

スポンサーリンク


「Focos」は、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xのデュアルレンズカメラをサポートしており、今回のアップデートはデュアルレンズカメラのデバイスを利用している人にとっては嬉しいアップデートだと思います

多くのPro機能は有料で、買い切り ¥1,200、年間サブスクリプション ¥720、月間サブスクリプション ¥120となっています


Focos
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料


リリース日: 2017/10/31
サイズ: 38 MB
ユニバーサル対応:
バージョン: 1.2
販売元: Xiaodong Wang

ss1 ss2



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)