スポンサードリンク

【iOS 10:新機能】RAWで撮影と現像、通常のJPEGとどれくらい違うものなのか?

スポンサードリンク

【iOS 10:新機能】RAWで撮影と現像、通常のJPEGとどれくらい違うものなのか?

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

iOS 10の新機能



先日、iOS 10の新機能として iSightカメラでRAW撮影・RAW現像ができるようになったことを投稿しました


利用可能デバイス


  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPad Pro 9.7inch

以上の6機種になります


スポンサードリンク



比較



予約した「iPhone 7 Plus JB 256GB」が未だ処理中と言うことで「iPhone 6s Plus」を使用しました
カメラと編集アプリ

  • 撮影:純正の「カメラ」アプリ
  • 編集:純正の「写真」アプリ
  • RAW撮影:「Adobe Photoshop Lightroom for iPhone」アプリ
  • RAW撮影:「Adobe Photoshop Lightroom for iPad」アプリ


純正の「カメラ」アプリで撮影の元画像



違いが解りやすいように逆光で撮影
RAWtoJpeg 001
下半分の影になる部分が黒く殆どつぶれているのがわかります

  • 「写真」アプリの編集で「明るさ」を変更してみました
  • 朝日のイメージが変わらないように明るさを調整し、ビルの辺りと下部の建物で黒くつぶれていたものが若干ディティールが解るようになりました
    RAWtoJpeg 002

  • 「ブリリアンス」で限界まで調整してみました
  • 黒くつぶれていたビルの窓に明かりがついているのがわかるようになり、先ほど以上にタブの建物のデティールが解るようになりました
    RAWtoJpeg 003

  • 「露出」で限界まで調整してみました
  • ビルの明かり、下部の建物のディティールははっきりと見えるようになりましたが逆に朝日の部分が白飛びしてしまいました
    RAWtoJpeg 009



左:通常のカメラでJPEG、右:LightroomでDNG(RAW)
RAWtoJpeg 008



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

(最終更新:2017/04/04)コメント03939 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク