スポンサードリンク

津軽三味線

Category
津軽三味線のお稽古:2016年4月27日、一つの目標
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 念願かなう 久々の「津軽三味線」の投稿です 昨日やっと「津軽タント節」が終わって次回から「津軽あいや節」になると伝えられました 思い入れいっぱいの曲です 映画「竹山ひとり旅」で津軽の地吹雪が舞う街や海岸の映像で流れるの曲が、そもそもウン十年前に津軽三味線を弾いてみたいと...
津軽三味線のお稽古 その8 津軽タント節: 2016.02.10
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 津軽タント節 前回のお稽古日2016年1月27日から始めています、これまでの6曲は以前習っていた時にお稽古して頂いた曲でしたが今回の「津軽タント節」は、一からです 津軽タント節とは 元々は「秋田タント節」が津軽に伝わり「津軽タント節」となったと聞いています 仙北地方の郷...
津軽三味線のお稽古 その6 津軽願人節(伊勢音頭): 2016.01.13
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 津軽願人節(伊勢音頭) 昨年の12月2日以来のお稽古です、次のお稽古の時と入院日が重なって一回飛んでしまいました 今回も以前習った事が在る「津軽願人節(伊勢音頭)」でした、この曲までは以前習っているので何度か弾くと6年も前なのですが自然と指が覚えてくれています 昔、頼ま...
津軽三味線のお稽古 その5(十三の砂山): 2015.12.02
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 「新津軽じょんから節」から「十三の砂山」へ 前回のお稽古日(11月18日)に始めた「新津軽じょんから節」をおさらいして「十三の砂山」を習う事に 「新津軽じょんから節」も「十三の砂山」以前習っているので弾いていくうちに手が動いてくれます ただ「十三の砂山」は以前習ったのは...
津軽三味線のお稽古 その3: 2015.11.04
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 津軽甚句 青森県民謡で津軽半島の西側、七里長浜の砂丘のつきたところにある港町・鯵ヶ沢の盆踊り唄「鯵ヶ沢甚句」が、弘前方面に移入して「津軽甚句」になり、北海道に渡ると「いやさか音頭」になった。弘前市一帯の盆踊り唄 この曲は以前習ったのと全く同じだったので二度ほど弾いてOK...
津軽三味線のお稽古 その2: 2015.10.28
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 二回目 2015.10.28 通常では月二回なので変則ですが二週続けてのお稽古で、二回目のお稽古の日でした 自宅療養中なので時間はたっぷりあるはずなのですが、なんやかやとしていたらアッと言う間に一日が終わって、思ったほど自宅での練習が出来ませんでした・・・とは言え集中し...
津軽三味線のお稽古 2015.09.21
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 竹山流津軽三味線 現在の大きな流れは白川軍八郎、木田林松栄の流れを汲む叩き系が主流で、高橋竹山の流れを汲む弾く系はほんの一握りです どちらが良いとか悪いとかではなく、聞く人弾く人の好みだと思います 私は映画「竹山ひとり旅」を観て、高橋竹山を聴くようになったので弾く系を習...
偶然から津軽三味線をもう一度一から習う事にしました
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 偶然から 津軽三味線の表皮が破れて張り替えに持っていったことは『津軽三味線の皮が破れたが張り替えてくれるお店が少ない』で報告しました。 阿倍野にあるお店「三味線屋 丹幸・中西楽器店」で世間話をしている時に、こちらのお店で月に二回津軽三味線を教えている方が居られるとの事。...
津軽三味線の練習を再開するにあたり、ピッチを変えずにテンポを変えるソフトを使う
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 Audacity WindowsやMac OS X、Linux、各種BSDで動作するフリーの音声ファイルエディタを開発する Audacityプロジェクトと言うのがあります。 Audacityは、WAVEやAIFF、MP3、oggといったフォーマットの読み書きに対応してお...
津軽三味線の皮の張り替えが終わりました・・・縁があったのかな
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 皮の張り替え なかなか張り替えをやってくれるお店がないのが現状ですが、今回は車で30分位のところでうまく見つかって張り替えていただくことができました。 仕事が忙しくなって、その後病気になってと三味線をケースから出して弾くことが殆どなかったので、破れても致し方ないかなと言...
津軽三味線の皮が破れたが張り替えてくれるお店が少ない
まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。 7ヶ月半の入院生活を終えて自宅に帰ってホッとしているところで、津軽三味線を入れているハードケースが目に留まりました。 梅雨時期、夏の暑い時期一度もケースを開いていないので、ひょっとしてと思い、恐る恐るケースを開けて長袋の外から触ってみると和紙の胴袋越に、嫌な感触が。 三...

スポンサードリンク