Apple、WWDC 2018を6月4日よりサンノゼで開催することを発表

Apple、WWDC 2018を6月4日よりサンノゼで開催することを発表

Worldwide Developers Conference 2018

Appleは本日、6月4日から6月8日まで、サンノゼで29回目のWorldwide Developers Conference(WWDC)を開催することを発表しました

McEneryコンベンションセンターは、毎年ユニークな視点を共有する世界で最も創造的な開発者コミュニティの本拠地ですAppleの画期的な製品とサービスの未来について学ぶことができます

毎年、WWDCは、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、Mac、およびHomePod向けに、Appleのプラットフォーム間で新しい体験を創り出す方法について、何百万人もの開発者が毎年多くのことを学ぶ機会を提供しています

SiriKit、HomeKit、HealthKit、GymKit、MusicKit、ResearchKit、CoreMLなどの幅広い堅牢な開発者向けAPIは、ユーザーが自分の健康や家庭から、すべてのコマンドを実行するための新しい方法を開発者に提供し学習に役立ちます

スポンサーリンク


昨年のWWDCで、AppleはARKitをデビューしました
その後、App Storeのあらゆるカテゴリのアプリを持つ開発者は、現実世界に重ね合わされた仮想体験を顧客にもたらす独創的な方法を採用しました

App Storeは、世界で最も活気のあるソフトウェア市場です
iOS、macOS、watchOS、tvOS、iMessageの155カ国で利用可能なApp Storeは、アップルのお客様が数多くのアプリにアクセスして、より簡単に生活を楽しめ、世界中の人々と情熱を繋げることができます

デベロッパーとAppleの愛好家は、iPhone、iPad、Apple TV用のWWDCアプリと、Apple Developerウェブサイトでライブストリーミングをライブストリーミングすることができます

開発者は今から3月22日まで、WWDC Webサイトを通じて午前10時(PDT)で申請することができます
チケットはランダムな選択プロセスで発行され、開発者は3月23日午後5時(PDT)までに申請状況を通知されます

学生はAppleの開発者コミュニティの不可欠な部分です、今年は350人までのWWDC学生奨学金が利用可能で、学生とSTEM団体のメンバーにWWDCへの無料航空券を得る機会を提供します
生徒はWWDC Webサイトにアクセスして、申請方法の詳細を確認することができます

(Via Apple Newsroom.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)