Appleのプログラム作成とコンテンツへの挑戦

Appleのプログラム作成とコンテンツへの挑戦

重要な成長ビジネス

Appleにとって最も重要な成長事業の1つは、サービス部門です。これは今四半期に約75億ドルをもたらし、それが今までに自社の事業であることが分かっていれば、フォーチュン100事業になる可能性があります

Tech.pinionsで、Tim Bajarin氏は次のように報告しています

Steve Jobs氏はSonyの森田氏の本当のファンであり、デジタルコンテンツ、特に音楽コンテンツと同様の見方をしていました
JobsとAppleの将来についての話をしたとき、彼はAppleが最初にソフトウェア会社であり、ハードウェアはソフトウェアとコンテンツを展開するための手段であることを明確にしました

Appleがハードウェア設計を推進し、コンテンツやサービスを提供する方法になって以来、Appleは包括的アプローチを検討することが不可欠です

しかし、サービスは主要な収益源であるだけでなく、長期的にはビジネスを将来的に証明する方法の1つであるため、サービス全体のビジネスにとってさらに重要になっています

実際、Appleの目標は、ソフトウェア、ハードウェア、サービスを使用して人々を全体的なエコシステムに結びつけ、Apple製品を使用するか、代替オペレーティングシステムのユーザーを誘ってApple製品に切り替えるという確かな理由を引き続き提供することです

Appleのエコシステムの一環としてソフトウェアをデバイスに結びつける際のコンテンツの役割をJobsが理解していることを考えると、Appleが現在の音楽提供意外のコンテンツにどれだけ投資しているか

スポンサーリンク


下のチャートは、Appleが2017年にスポーツ以外のビデオ番組に約10億ドルを投資したのに対し、Netflixは63億ドルを費やし、Amazonは45億ドルを費やした

Netflixは、2018年に約700本のオリジナルシリーズを計画していると言われており、今年はプログラム作成だけで最大80億ドルを費やすことができます
Content Race 001
Steve Jobs氏のコンテンツに対する強い地位とAppleが彼らの生態系に人々を引き付けるためにもっと必要なことを知っていることを考えると、コンテンツや番組に対するこのような支出はかなり控えめなようです

つまり、競合他社とは対照的に、何を費やしているのか、人々が生態系に近づき続けるようなプログラム作成を得るために積極的に行動する必要があるという事実を見れば、Appleは、コンテンツスペースでより大きな賞を得ようとしている

Appleはオリジナルのコンテンツを作成し、ビデオ番組に追加する既存のショーを追加することもできます
しかし、AppleがSonyのように大手の映画スタジオを買うのは理にかなっているかもしれないし、おそらくすでに実証済みのコンテンツを持っている専用制作会社を買収し、顧客のためのアップルの総合的なプログラム作成として理にかなっています

しかし、AmazonやNetflixもより多くのコンテンツを求めて制作会社にサービスの新しい番組を制作してもらうために、Appleが偉大な番組を手にするという競争は激しくなるだろう

そのため、既存のライブラリを備えた主要スタジオを購入し、オリジナルの映画やテレビ番組を作成する手段が、Appleがコンテンツの未来をよりコントロールできる最良の方法かもしれません

(Via Tech.pinions.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)